複数のWorkplaceアカウントの一括停止

この記事の内容は、Workplaceアドバンスの利用者にのみ適用されます。
CSVファイルをアップロードすると、複数の社員のアカウントを一括で停止できます。1つずつ個別に停止する必要はありません。CSVファイルには、停止するアカウントのメールアドレスを含めます。
有効なCSVファイルをアップロードして、アカウントを一括で停止するには:
  1. [管理者用パネル]で、[メンバー]タブを開き、社員のアカウントの一覧を表示します。
  2. をクリックしてから、[複数のアカウントを停止]をクリックします。
  3. CSVファイルのアップロード画面が表示されます。ファイルには、利用を停止する各社員のメールアドレスを1行に1つずつ記載します。
CSVファイルがアップロードされると、CSVファイルのエラーを確認する画面が表示されます。最初の列に、各行の結果が以下のように表示されます。
  • すでに停止されている社員のアカウントにはチェックマークが表示されます。
  • 問題がある行に三角形のエラーマークが表示されます。エラーメッセージを表示するにはアイコンにマウスを合わせます。
  • 最初の列が空の場合、その社員のアカウントは停止されます。
プレビューから[プレビューをエクスポート]ボタンをクリックすると、この情報をダウンロードできます。
プレビューの詳細を確認できたら、[アカウントを停止]ボタンをクリックして選択したアカウントを停止できます。これでアカウントは停止されます。
アカウントを一括で停止する場合、停止するアカウントの数によっては遅延が発生します。
停止したアカウントの確認
すべてのアカウントの停止が完了したことを確認するには、CSVファイルを再アップロードして、アカウントのすべての行の最初の列にチェックマークが表示されているかどうかを確認します。
注: ユーザーアカウントの停止が反映されるまで、最大24時間かかります。
この情報は役に立ちましたか?