Workplaceグループでのゲストと他社メンバーのアクセス

Androidアプリのヘルプ
コンピューターのヘルプ
iPhoneアプリのヘルプ
iPadアプリのヘルプ
モバイルブラウザヘルプ
会社間グループ(MCG)のメンバーは、グループ内で自分のWorkplaceアカウントを使用します。他社のWorkplaceでは、自分が追加されたグループのコンテンツ以外は表示されません。
自分のWorkplaceのグループでは、そのグループに参加していない人でも、自分が参加している別のグループのメンバーであればタグ付けすることができます。タグ付けしても、その人が参加していないMCGグループであれば、タグは灰色で表示され、その人はタグ付けされたコンテンツを表示したりアクセスしたりすることはできません。
ゲストアカウントで表示できるコンテンツは、自分が追加されたグループのもののみです。Workplaceの他のコンテンツにアクセスすることはできません。
ゲストや他社のグループメンバーを見分ける
会社間グループ(MCG)に参加している社外のメンバーは、メンバー名の横に会社間グループのシンボル[外部]が表示されます。グループメンバーの名前にマウスを重ねると、その人が所属する会社が表示されます。
ゲストアカウントの名前の横には[ゲスト]と表示されます。
注: 他の人を会社間グループに追加すると、その人が所属する会社のWorkplaceのシステム管理者もそのグループのデータにアクセスできるようになります。
この情報は役に立ちましたか?
はい
いいえ