Workplaceでセーフティインシデントのメッセージに利用者のCSVをアップロードする際に、一部の人を追加できなかった場合はどうすればよいですか。

メッセージの作成時、セーフティセンターに利用者をインポートすると、正常にインポートされた人数、インポートされなかった人数、重複している人数が結果ページに表示されます。
エラー画面では、インポートできなかった人のリストをダウンロードして、再度インポートを試みることができます。社員のインポートで最もよくある問題として、コミュニティ内に対応するユーザーがいない、無効な社員IDやメールアドレスを入力していることが挙げられます。
IDやメールアドレスが正しいにもかかわらず、複数回試しても社員をインポートできない場合は、Workplaceサポートにお問い合わせください。
この情報は役に立ちましたか?
はい
いいえ