Workplaceのユーザーアカウントはどのような段階を経て作成されますか。

この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの利用者にのみ適用されます。
Workplaceで新しいユーザーアカウントを作成するには、次の3つの段階があります。
1. プロビジョニング: Workplaceインスタンス内に利用者アカウントを作成します(メンバーには通知されません)。
2. 招待: プロビジョニングされたメンバーがアカウントを取得できるようにします(メンバーに通知されます)。
3. 取得: 招待されたメンバーがWorkplaceアカウントを有効にします。
注: 管理者用パネルから個別にアカウントを手動で作成した場合は、プロビジョニングと招待が同時に行われ、すぐに招待が送信されます。他の作成方法でアカウントを作成した場合は、プロビジョニングと招待が別々に行われます。
Workplaceを使用するための招待をメンバーに送信するまで、アカウントをプロビジョニングしたことがメンバーに通知されることはありません。以下の場合は、アカウントが未招待の状態です。
  • メンバーがアカウントを取得できず、アカウントを取得しようとしても失敗する。
  • Workplaceからのメールやその他の通知がメンバーに届いていない。
アカウントの取得についてメンバーに通知する準備ができたら、そのメンバーをWorkplaceに招待します。招待したメンバーにメールが送信され、アカウントの取得に使用する一意の自動生成URLが通知されます。SSOに対応したアカウントがあるメンバーは、設定済みのSSOサービスからWorkplaceにログインしてアカウントを取得することもできます。
この情報は役に立ちましたか?