Workplaceのデータ管理者とは何ですか。

データ管理者は、Workplace上の個人データを処理する根拠と方法を決定する人物です。データ管理者は、GDPRに基づき、個人データの取得方法、使用目的、保存期間に適用するコンプライアンス基準を導入する必要があります。また、利用者が自分のデータにアクセスできるようにする必要もあります。
Workplaceエッセンシャル、Workplaceエンタープライズ、およびWorkplaceアドバンスでは、システム管理者がデータ管理者としてWorkplaceを管理します。
システム管理者は、追加の管理者権限を作成してWorkplaceの管理をサポートしてもらうこともできます。
システム管理者およびカスタム管理者について、詳しくはこちらをご覧ください。WorkplaceとGDPRについて、詳しくはこちらをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?