Workplaceの動画ダウンロード設定とは何ですか。どのようにそれを利用できますか。

動画ダウンロード設定を利用すると、Workplaceにアップロードされた著作権付きや部外秘の動画を保護することができます。この機能では、動画を暗号化して保護することで、サポートされるブラウザーでWorkplaceにログインした利用者のみに高画質での視聴を許可します。サポートされていないブラウザーを使用している利用者は、低画質の動画を視聴できます。
サポートされているブラウザーとアプリ:
  • Firefox
  • Chrome
  • Safari
  • Workplaceモバイルアプリ
  • Microsoft Edge (Chromium)
  • Opera
サポートされていないブラウザー:
  • Internet Explorer
動画ダウンロード設定の機能をオンにする
Workplaceで動画著作権管理をオンにする方法は次のとおりです。
  1. ニュースフィードで、左側のメニューにある [管理者用パネル]をクリックします。
  2. [セキュリティ]をクリックします。
  3. [その他]をクリックし、[動画ダウンロード]を選択します。
  4. [動画ダウンロード]の横にある切り替えボタンをクリックします。
  5. [変更を保存]をクリックします。
動画ダウンロード設定を調整する
動画ダウンロード設定を有効にした後、調整を開始できます。
  1. ニュースフィードで、左側のメニューにある [管理者用パネル]をクリックします。
  2. [セキュリティ]をクリックします。
  3. 右上の[設定]をクリックします。
  4. [動画のダウンロードを制限する]の横にある切り替えボタンをクリックします。
  5. [保存]をクリックします。
ここから、Workplaceの動画をダウンロードできないようにすることができます。[動画ダウンロード]設定をオフにすると、利用者はWorkplaceから自分のデバイスに過去の動画および今後追加される動画をダウンロードすることができなくなります。この設定をオンにすると、過去および今後の動画をすべてダウンロードできるようになります。
この設定がオンになっている場合にのみ、動画は暗号化されます。設定をオンにする前に投稿された動画は暗号化されません。暗号化の後にこの機能をオフにしても、暗号化済みのすべての動画は暗号化されたまま維持されます。
一部のオーディエンスに動画のダウンロードを許可する
管理者は、Workplaceで動画のダウンロードを禁止にしたまま、一部の利用者にのみ暗号化された動画のダウンロードを許可することができます。[ダウンロードを許可する]で、[なし][管理者][ユユーザーセット]のいずれかを選択します。
この情報は役に立ちましたか?