Workplaceで複数の主催者と一緒にライブ配信を開始する

コンピューターのヘルプ
iPadアプリのヘルプ
iPhoneアプリのヘルプ
Androidアプリのヘルプ
Live Producerを開いてライブ配信を作成したら、最大50人の主催者と一緒にライブ配信することができます。
  1. [他の主催者とライブ配信]の横でをクリックします。
  2. リンクをコピーして、一緒にライブ配信する相手にシェアします。
  3. 左側の[主催者と交流]をクリックします。
  4. [ルームに参加]をクリックして他の主催者と合流します。
  5. 全員がルームに参加したら、[ライブ配信を開始]をクリックしてから、[開始]をクリックしてライブを開始します。
  6. ルームに参加している全員がライブ配信を開始することに合意した場合にのみ、配信を開始できます。他の主催者から応答がない場合は、その主催者を削除できます。ライブ配信を開始するには、[開始する]をクリックします。
  7. 主催者として招待されている場合は、[参加する]をクリックします。配信を開始できるのはライブ動画の作成者のみです。
  8. 右下でをクリックし、[動画を優先する]の横でをクリックして、動画をシェアしている人のみを表示します。
  9. ライブ配信を停止するには、[配信を終了]をクリックしてから、[終了]をクリックします。
  10. 配信を終了すると、ライブ配信概要が作成されます。[投稿を見る][チャプターを管理][動画からクリップを作成][動画を削除してクループに戻る]の中から選択できます。
  11. この状態ではまだ他の主催者と一緒にルームに参加していますが、通話はいつでも終了することができます。
ライブ配信中に主催者が離脱した場合
主催者のインターネットや接続に問題が発生した場合、5分間は、残りの参加者でライブストリーミングが続行されます。また、主催者にはお知らせが届き、5分以内に再度参加しなかった場合はライブストリーミングが終了されることが通知されます。主催者がこの時間内にルームに再度参加した場合、ライブ配信は続行されます。
ライブ配信に複数の共同主催者がいる場合は、すべての主催者がライブストリーミングを退出した場合にのみ、ライブ配信が早期に終了されます。

この情報は役に立ちましたか?

はい
いいえ