Workplace Live

Workplaceでは、魅力的なハイレベルのライブ動画コンテンツを作成できるツールをご利用いただけます。Workplace Liveを使用した組織全体への配信について詳しくご紹介します。

ライブ動画はWorkplace上のリアルタイムの動画投稿であり、これを使って同僚と交流することができます。あなたがフォローしている同僚のライブ動画は、ニュースフィードに表示されます。
ライブ動画のお知らせ
ライブ動画のお知らせをオンまたはオフにするには:
  1. 左下に表示されているプロフィール写真をクリックし、[設定]をクリックします。
  2. 左側にある[お知らせ]をクリックします。
  3. [ライブ動画]をクリックして、ライブ動画のお知らせの設定を変更します。
注: ライブ配信中、同僚はあなたの動画にリアクションしたりコメントしたりすることができます。配信者は動画の視聴者にリアルタイムで返信することもできます。
ライブ動画で帯域幅がどのように使用されるかについて、詳しくはこちらをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
あなたが投稿した先のグループの同僚と、あなたをフォローしている同僚が、ニュースフィードであなたの動画を視聴できます。グループの設定によっては、あなたの会社の他の利用者もあなたのライブ動画を視聴できる場合があります。
この情報は役に立ちましたか?
デスクトップでこの機能を利用する場合、使用できるブラウザーはGoogle ChromeMozilla FirefoxMicrosoft Edgeのみです。
グループでライブ動画をシェアするには:
グループの投稿ツールで[その他] > [ライブ動画]の順にクリックし、ライブ配信に使用する機器を選択します。[ライブ配信を開始]をクリックする前に、説明を追加できます。
イベントでライブ動画をシェアするには:
イベントページの投稿ツールで[ライブ動画]をクリックし、ライブ配信に使用する機器を選択します。[ライブ配信を開始]をクリックする前に、説明を追加できます。
注: 外部機器からライブ配信を開始することもできます。
この情報は役に立ちましたか?
Live Producerを使用して、最大50人の主催者と一緒にコミュニティにライブ配信できます。
複数の主催者と一緒にライブ配信するには:
  1. ライブ配信するグループから投稿ツールを開き、[ライブ動画]をクリックしてLive Producerにアクセスします。
  2. [ライブ動画]のオプションが表示されない場合は、[投稿に追加]の横にある をクリックするか、Live Producerへのこちらのリンクをたどります。
  3. Workplaceライブの投稿にタイトルと説明文を入力します。
  4. [ライブ配信する場所を選択]セクションに正しいグループが表示されていることを確認します。ここで、対象のグループを変更したり、自分のタイムラインに直接ライブ配信することを選択したりできます。
  5. [ライブ配信の方法を選択]で、[他の人と一緒に]をクリックします。
  6. [動画のオプション]で、ライブ配信時にQ&A、自動生成キャプション、ライブの巻き戻しを使用するかどうかを選択します。Q&Aは、グループにライブ配信する場合にのみご利用いただけます。
  7. すぐに利用を開始する場合は[ライブ配信を開始]をクリックします。今後の配信を準備する場合は[ライブ配信の予定日時を設定]をクリックします。
  8. ルームへのリンクをメモします。このリンクは、あなたが自分のライブ配信に参加してほしいと考えている他の主催者にシェアするリンクです。
後日ライブ配信することを予定している場合:
  1. [ライブ配信の予定日時を設定]をクリックします。
  2. 配信の日付時刻を入力します。
  3. 必要に応じて、配信のサムネイル画像をアップロードします。
  4. [投稿日時を指定]をクリックします。
ルームへのリンクを他の主催者とシェアし、これらの主催者がルームに接続した後:
  1. Go live [ライブ配信を開始]をクリックします。
  2. 正しいグループに配信していることを確認し、[次へ]をクリックします。
  3. [開始]をクリックします。
  4. ライブ配信を開始できる準備が整っていることをすべての主催者が確認する必要があります。メッセージに応答しない主催者は配信から削除できます。準備が整っていることを全員が確認したら、配信が開始されます。
この情報は役に立ちましたか?
Workplaceでライブストリーミングを行うには、次の動画フォーマットのガイドラインに従ってください。
  • 推奨される最大ビットレートは4000 Kbps (4 mbps)です。
  • 最大: 解像度720p (1280 x 720)、30フレーム/秒。
  • ストリーミング中は、iframe (キーフレーム)を少なくとも2秒おきに送信する必要があります。
  • タイトルは255文字未満で設定する必要があります。255文字以上の場合は、ストリーミングが失敗します。
  • H264エンコードされた動画とAACエンコードされた音声のみを使用できます。
この情報は役に立ちましたか?
コンピューターからライブ動画をシェアするには、外付けまたは内蔵カメラが必要です。
コンピューターから外部のソフトウェアまたはハードウェアを使ってライブ動画をシェアするには:
  1. Workplaceアカウントから、ブラウザーのURLに続けて/live/createを入力します。例えば、使用しているURLがcompany.facebook.comであれば、company.facebook.com/live/createと入力します。ウィザードが表示され、Workplace live APIを設定できます。
  2. ページの上部にある[ライブストリーミングを作成]をクリックし、ストリーミングを配信する場所をドロップダウンメニューから指定します。例えば、動画をグループに配信する場合は、ドロップダウンメニューから[グループでシェア]を選択し、コンテンツをシェアするグループの名前を入力してグループを選択します。
  3. ライブ動画の説明とタイトルを入力します。
  4. ページの右側の[ストリームキー]をコピーします。このキーは、ライブストリーミングソフトウェアで使用します。
  5. ライブストリーミングソフトウェアアプリケーションを起動します。コンピューターのカメラを使用して動画をストリーミングできます。
  6. ストリーミングソフトウェアの指示に従ってください。ストリームキーをアプリケーションの設定内に貼り付ける必要があります。そうすることによって、ストリーミングを開始して、Workplace内で動画をプレビューできるようになります。
  7. Workplaceブラウザーに戻ります。動画プレビューを表示できます。動画の準備ができたら[ライブ配信を開始]を選択します。
ライブ配信を停止すると、それを削除することも、高品質バージョンをアップロードすることもできます。ライブ動画を編集する場合、ビデオをダウンロードして投稿を削除し、ビデオを編集してからもう一度アップロードする必要があります。この操作をすると、オリジナルのライブストリーミング投稿へのコメントやリアクションがすべて失われます。ご注意ください。
この情報は役に立ちましたか?
はい、ハードウェアエンコーダーを使ってライブストリーミングを設定できます。ハードウェアエンコーダーは、多くの場合、信頼性が高く、高品質の結果が得られます。配信の設定と開始の手順はエンコーダーによって異なります。お使いのエンコーダーのドキュメントをご確認ください。
この情報は役に立ちましたか?
ストリーミングソフトウェアを使うと、コンピューター画面を見せたり、Workplaceにストリーミングするライブ配信デバイスを使うことができます。ストリーミングするコンテンツタイプにより、最適なストリーミングソフトウェア(エンコードソフトウェアとも呼ばれます)は異なります。
ストリーミングソフトウェア
以下は、Workplaceへのストリーミングに使用できるストリーミングソフトウェアプログラムの一例です。

設定
ストリーミングソフトウェアの設定プロセスは、使用するソフトウェアによって変わります。多くの場合、以下のオプションの1つを使用します。
  • 単一フィールド: ストリーミングソフトウェアは、サーバーアドレスとキーに単一フィールドを使用します。
  • 別フィールド: ストリーミングソフトウェアは、サーバーアドレスとキーに別フィールドを使用します。
動画フォーマットのガイドライン
Workplaceでのライブストリーミングに使用できる動画フォーマットのガイドラインについて、詳しくはこちらをご覧ください。
注: お使いのエンコードソフトウェアがRTMPSをサポートしている場合、セキュア通信を有効にするようにしてください。
この情報は役に立ちましたか?
ライブ動画に対しては、ストリーミングが終了した後に自動クローズドキャプションを有効にすることができます。
ライブ動画にクローズドキャプションを追加するには:
  1. 矢印メニュー > [動画を編集]の順にクリックします。
  2. をクリックし、[動画の自動キャプション作成]を選択します。14種類の言語のキャプションを生成して編集できます。動画の長さによって、数分程度かかる場合があります。
  3. [キャプションをプレビュー] > の順にクリックして動画のプレビューを再生します。確認したら、[完了]をクリックします。
  4. 動画に対する変更を保存し、[投稿]をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
Live Producer
To use Live Producer, all you need to do is go live on Workplace.
Live Producer allows users to:
  • Go live using your camera, streaming software or high end production equipment.
  • Schedule a live session ahead of time.
  • Share your screen - you can switch between your screen and your camera view.
  • Host a live Q&A.

Advanced Settings on Live Producer
There are also Advanced Settings that you can access with Live Producer:
  • With Persistent Stream Key you can reuse the same Stream Key across multiple live broadcasts.
  • With Backup Stream you can choose to a level of redundancy to your live broadcast.
  • Showing a dial-in number allows viewers to access an audio-only version of the stream using a phone call.
  • With Auto-Generated Captions, your live video will automatically be transcribed, improving the accessibility of your communication.
  • Technical Stream Health Metrics and Event Logs allow you to anticipate and react to any issues with your stream.
  • You can publish Polls during your Workplace Live broadcasts. Polls are questions with two to four answers that viewers can see and select in real time.
この情報は役に立ちましたか?
トラブルシューティング
エンコーダーのエラーやネットワーク接続の状態が良くないためにライブフィードが中断してしまう場合があります。ライブフィードが中断したら、ライブ投稿用に生成された元々のストリームURLに2~3分以内に再接続してください。それ以上の時間が経過すると、ライブストリーミングを継続するためには新しいストリームキーとURLを生成する必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
音声の異常は、Workplaceが破損した音声を含む動画ストリームを受信した場合や、配信を再エンコードする前にフレームを受信した後に発生します。このタイプのエラーでは、配信エンドポイントとWorkplaceサーバー間の接続のビットレートよりも高いビットレートが使用されていることが原因として考えられます。この場合、またはパケットの損失がある場合、動画トラックまたは音声トラックの一部が適切に受信されず、音声の異常が発生します。
この情報は役に立ちましたか?
ライブ動画のコメント率が高い場合は、ライブストリーミング中に一部のコメントが表示されないことがあります。これは、利用者の視聴体験を一定に保つための対策です。このとき、視聴者全員に同じコメントが表示されます。また、動画終了後はすべてのコメントが表示されます。コメントへの返信は配信終了後まで表示されません。
この情報は役に立ちましたか?
配信が、ライブストリーム終了の信号送信後の処理を開始していない場合は、ライブ動画が終了した後も[ライブ配信中]として表示される場合があります。[ライブ動画を終了]をクリックしたことを確認します。問題が再度発生する場合は、動画IDとともにサポートチームまでご連絡ください。Workplaceでライブ動画を配信する方法はこちらをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?