Workplaceでの一括アカウント管理の概要

Workplaceでは、コンマ区切り値(CSV)ファイルまたはExcelファイルを使用した利用者アカウントの一括管理がサポートされています。Workplaceに最初の利用者をプロビジョニングしたり、新しい部門やマネージャを追加したり、コミュニティの一部利用者のアカウントを停止したりする場合に、一括アカウント管理を使用してそのプロセスを効率化できます。
サポートされているアイデンティティプロバイダーを会社が利用している場合は、自動アカウント管理を使用して、入社する社員のアカウントのプロビジョニングや退職する社員のアカウントの停止を実行できます。アイデンティティプロバイダーを使用したアカウント管理について、詳しくはこちらをご覧ください。
Workplaceは、CSVファイルとExcelファイルを使用した2種類の一括操作をサポートしています。
  • 一括プロビジョニング: CSVファイルまたはExcelスプレッドシートから詳細をアップロードして、複数のアカウントを作成します。
  • 一括停止: CSVファイルから複数のアカウントを停止します。
この情報は役に立ちましたか?