クラウドアイデンティティプロバイダーでWorkplace利用者を管理する

この記事の内容は、Workplaceアドバンスの利用者にのみ適用されます。
クラウドアイデンティティプロバイダーを使用すると、Workplaceでのアカウント管理を自動で行うことができます。Facebookのアイデンティティパートナーとアクセス管理パートナーを利用すると以下のようなメリットがあります。
  • 利用者データを一元管理できる。クラウドディレクトリでマスターのIDストア(Microsoft Active DirectoryまたはOracle Directory Serverなど)に接続し、Workplaceなどのアプリの利用者アカウントを同期します。クラウドアイデンティティプロバイダーのエージェントやプラグインが、マスターのIDストアからクラウドのレプリカに変更を同期します。
  • 記録システムを統合できる。利用者の入社時や退職時のデータはマスターのIDストアに保持されます。
  • Workplaceのアカウント変更を同期できる。利用者アカウント情報やステータスの変更は、クラウドアイデンティティプロバイダーとWorkplaceの間で同期されるため、利用者が入社したり退職したりしたときに管理者が手動で追加や削除を行う必要はありません。
まず、こちらの手順に従って、システム管理者がカスタムの統合アプリを作成して利用者アカウントをプロビジョニングしてください。この手順では、設定に必要な次の値が提供されます。
  • アクセストークン: アクセストークンによってアプリがアカウントを管理できます。
  • SCIM URL: クラウドアプリケーションがアカウントの管理に使用するAPIのエンドポイントです。
  • コミュニティID: 団体のIDを使用すると、クラウドアプリケーションがWorkplaceインスタンスを区別できるようになります。
次に、ご利用のクラウドアイデンティティプロバイダーが指定する手順に従います。
Workplaceは次のパートナーとネイティブに統合されています。
この情報は役に立ちましたか?