WorkplaceのActive Directory Syncの要件を教えてください。

この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの利用者にのみ適用されます。
AD Syncコンポーネントの要件は以下のとおりです。
  • ソフトウェアをインストールするには、ADドメイン管理者の権限が必要です。
  • AD Syncを使用するには、Windows Server 2012 R2またはWindows Server 2016が必要です。その他の構成でも動作する場合がありますが(OS言語をen_USに設定した場合)、Workplaceはサポートしていません。
  • AD Syncを使用するには、Workplace利用者が属するものと同じADコントローラーにドメイン参加しているコンピューターである必要があります。Workplace利用者が複数のADドメインに属している場合、各ドメインのサーバーごとにAD Syncのインストールと設定を行う場合があります。
  • 利用者データを保存するには、Microsoftコンポーネント(NET Framework 4.5.2、SQL Server 2014 Express LocalDB (SQL Server Expressのライトバージョン))が必須です。まだサーバーにインストールされていない場合は、AD Syncとともにインストールされます。累積更新プログラムをすべてインストールしてください。
  • Workplace from Facebookと同期する利用者グループごとに、利用者を含むActive Directoryのルートエントリの識別名(DN)と、Workplaceと同期する利用者を特定するLDAPフィルターまたはActive Directoryグループを指定します。
  • ドメインコントローラーがポート636経由のLDAPS (SSL)接続をサポートしている必要があります。
この情報は役に立ちましたか?