メール配信
メールドメイン
Workplaceから送信されるメールはfbworkmail.comのドメインから配信されます。
メール管理者はfbworkmail.comを安全な送信者としてメールのホストに追加する必要があります。追加しないと、組織内のメンバーがアカウント取得のメールを受信できず、Workplaceコミュニティに参加できません。
メールサーバー
メール管理者は以下のメールの配信元サーバーのIPアドレスをホワイトリストに登録して、組織がWorkplaceのメールを拒否しないようにする必要があります。
66.220.144.128/25 (66.220.144.128 - 66.220.144.254)
66.220.155.128/25 (66.220.155.128 - 66.220.155.254)
69.171.232.128/25 (69.171.232.128 - 69.171.232.254)
69.63.178.128/25 (69.63.178.128 - 69.63.178.254)
69.63.184.0/25 (69.63.184.0 - 69.63.184.126)
メールの配信元の認証
fbworkmail.comから配信されるメールが実際にFacebookからのものであると証明するために、Workplaceは業界標準技術であるDomainKeys Identified Mail (DKIM)を使用しています。
メール管理者はメールホストがWorkplaceのすべてのメールのDKIMレコードを認証して、なりすましメールを受け付けないよう設定する必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの利用者にのみ適用されます。
メールのホストがWorkplaceからのメール受信を許可している場合でも、Microsoft OutlookなどのメールクライアントがWorkplaceのメールをスパムとして処理する可能性があります。その場合、スパムフォルダーや迷惑メールフォルダーにメールが仕分けされていないかどうかを確認する必要があります。可能であれば、メール管理者がメールクライアントの安全な送信者リストに「fbworkmail.com」を追加してください。
メール管理者と連携して、組織のメールクライアントの安全な送信者リストに「fbworkmail.com」を追加することをおすすめします。
この情報は役に立ちましたか?
この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの利用者にのみ該当します。
WorkplaceのメールがMicrosoft Outlookの低優先メールフォルダーに仕分けされないようにするには、Exchange OnlineのPowerShellコマンドレットを使用して2つの仕分けルールを作成します。
> New-TransportRule -Name "Workplaceメールを優先受信トレイにバイパス" -SenderDomainIs "fbworkmail.com" -SetHeaderName "X-MS-Exchange-Organization-BypassFocusedInbox" -SetHeaderValue "true" -Comments "WorkplaceメールがExchange Onlineの低優先メールフォルダーやその他のフォルダーではなく受信トレイか優先受信トレイに入るようにする"
> New-TransportRule -Name "Workplaceメールで低優先メールをバイパス" -SenderDomainIs "fbworkmail.com" -SetHeaderName "X-MS-Exchange-Organization-BypassClutter" -SetHeaderValue "true" -Comments "WorkplaceメールがExchange Onlineでその他のビューではなく受信トレイまたは優先受信トレイに入るようにする"
この情報は役に立ちましたか?
この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの利用者にのみ適用されます。
Microsoft Exchangeを使用すると、Set-MailboxJunkEmailConfigurationコマンドレットを使ってWorkplaceのメールドメインをホワイトリストに追加できます。
この情報は役に立ちましたか?