メール送付

Workplaceからのメールが受信箱に安全に届くようにするためにできることをご説明します。メール送付について、詳しくはカスタマーリソースセンターのこちらの記事をご確認ください。

メールドメイン
Workplaceから送信されるメールはfbworkmail.comのドメインから配信されます。
メール管理者はfbworkmail.comを安全な送信者としてメールのホストに追加する必要があります。追加しないと、組織内のメンバーがアカウント取得のメールを受信できず、Workplaceコミュニティに参加できません。
メールサーバー
メール管理者は以下のメールの配信元サーバーのIPアドレスをホワイトリストに登録して、組織がWorkplaceのメールを拒否しないようにする必要があります。
66.220.144.128/25 (66.220.144.128 - 66.220.144.254)
66.220.155.128/25 (66.220.155.128 - 66.220.155.254)
69.171.232.128/25 (69.171.232.128 - 69.171.232.254)
69.63.178.128/25 (69.63.178.128 - 69.63.178.254)
69.63.184.0/25 (69.63.184.0 - 69.63.184.126)
メールの配信元の認証
fbworkmail.comから配信されるメールが実際にFacebookからのものであると証明するために、Workplaceは業界標準技術であるDomainKeys Identified Mail (DKIM)を使用しています。
メール管理者はメールホストがWorkplaceのすべてのメールのDKIMレコードを認証して、なりすましメールを受け付けないよう設定する必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの利用者にのみ該当します。
WorkplaceのメールがMicrosoft Outlookの低優先メールフォルダーに仕分けされないようにするには、Exchange OnlineのPowerShellコマンドレットを使用して2つの仕分けルールを作成します。
> New-TransportRule -Name "Workplaceメールを優先受信トレイにバイパス" -SenderDomainIs "fbworkmail.com" -SetHeaderName "X-MS-Exchange-Organization-BypassFocusedInbox" -SetHeaderValue "true" -Comments "WorkplaceメールがExchange Onlineの低優先メールフォルダーやその他のフォルダーではなく受信トレイか優先受信トレイに入るようにする"
> New-TransportRule -Name "Workplaceメールで低優先メールをバイパス" -SenderDomainIs "fbworkmail.com" -SetHeaderName "X-MS-Exchange-Organization-BypassClutter" -SetHeaderValue "true" -Comments "WorkplaceメールがExchange Onlineでその他のビューではなく受信トレイまたは優先受信トレイに入るようにする"
この情報は役に立ちましたか?
この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの利用者にのみ適用されます。
Microsoft Exchangeを使用すると、Set-MailboxJunkEmailConfigurationコマンドレットを使ってWorkplaceのメールドメインをホワイトリストに追加できます。
この情報は役に立ちましたか?
この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの利用者にのみ適用されます。
メールのホストがWorkplaceからのメール受信を許可している場合でも、Microsoft OutlookなどのメールクライアントがWorkplaceのメールをスパムとして処理する可能性があります。その場合、スパムフォルダーや迷惑メールフォルダーにメールが仕分けされていないかどうかを確認する必要があります。可能であれば、メール管理者がメールクライアントの安全な送信者リストに「fbworkmail.com」を追加してください。
メール管理者と連携して、組織のメールクライアントの安全な送信者リストに「fbworkmail.com」を追加することをおすすめします。
この情報は役に立ちましたか?
ドメインのホワイトリスト登録とは何ですか。
Workplaceで使用したいメールアドレスのドメインをホワイトリストに追加すると、そのメールアドレスにあなたがアクセスできることを証明し、同じメールドメインを使用している他の利用者があなたのWorkplaceに参加できるようになります。ただし、同じメールドメインの利用者が必ず同じWorkplaceに参加しなければならないわけではなく、同じドメインを使って新しいWorkplaceを設定したり、他のWorkplaceに参加したりすることもできます。この機能は、ドメイン全体を所有していない場合でも使用できます。
同じメールドメインで複数のWorkplaceに参加することもできます。1つのメールドメインまたは企業が所有できるWorkplaceの数に制限はありません。
この情報は役に立ちましたか?
You'll need to adjust your DKIM and SPF configuration correctly to ensure mail servers can verify it was you who sent the emails.
Workplace requires that all email replies be sent with DKIM (DomainKeys Identified Mail) or SPF (Sender Policy Framework) alignment. These are industry email security standards that help verify a sender's details, thereby protecting employees from spoof emails. Emails failing these checks are often treated as spam.
To configure DKIM and SPF, please contact your IT administrator with the below information:
Configuration of DKIM and SPF depends on your email server, and your domain's DNS provider. You must have either DKIM or SPF alignment; you can't have both.
For G Suite, follow this guide.
Note that G Suite defaults to its own DKIM signing domain. As this default action will fail DKIM alignment, since the mail isn't signed by your domain, but by a third-party domain, we will still reject your incoming emails. Therefore, you must configure your own DKIM set up.
For Microsoft Office 365, follow this guide.
Learn more about these security standards.
Note: If DKIM and SPF aren't configured correctly, Workplace will reject messages you send for group activity, for example, group posts or comment replies. In the event that this happens, the sender will receive a bounce message, either from Workplace or from other services including Gmail.
この情報は役に立ちましたか?