ドメイン認証

メールドメインを認証することにより、不適切な人がコミュニティの最初のシステム管理者になるのを防ぐことができます。また、利用者がWorkplaceアカウントを初めて登録する際に、その利用者があなたの組織に属していることをFacebookが把握できるようになります。詳しくは、カスタマーリソースセンターでご確認ください。

ドメインの管理
メールのドメイン認証は、システム管理者のアクセス権を付与しようとしている相手が、間違いなく本人であることを確認するために行います。システム管理者は、コミュニティ全体を管理する権限を持ちます。
メールのドメイン認証がうまくいかない場合は、組織のIT部門の担当者に依頼すると、代わりにドメイン認証を行ってもらえる場合があります。
この情報は役に立ちましたか?
この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの管理者にのみ該当します。
メールドメインを追加して認証するには、管理者用パネルにアクセスします。
メールドメインを追加する方法は次のとおりです。
  1. [管理者用パネル]をクリックします。
  2. [設定]をクリックします。
  3. [メールドメイン]タブを選択します。
  4. [ドメインを許可リストに追加または認証する]で、ドメイン名を入力して[ドメインを追加]を選択します。
注: ドメインがすでに使われているというエラーメッセージが表示される場合、入力したドメインが他の会社で使用されているか、公的なドメインを追加しようとしている可能性があります。これが誤りで、ドメインを所有していることを証明できる場合は、Workplaceサポートチームにお問い合わせください
メールドメインを認証するには、メールドメイン名の横の[認証する]をクリックし、表示される以下の3つの方法のうちいずれかを使用します。
メールアドレスの認証:
  1. [メールを送信]をクリックします。
  2. 認証メールを受け取るメールアドレスを選択します。
  3. 認証コードの送信先となる管理者のメールアドレスを選択します(例: admin@、administrator@、postmaster@、webmaster@、hostmaster@)。
  4. メールに記載の手順に従って操作します。
HTMLファイルのアップロード:
  1. [HTMLファイルをアップロード]を選択します。
  2. [HTMLファイルをアップロード]を選択して、自社のウェブサイトにHTMLファイルをアップロードします。これを行うには、ウェブサイトのルートフォルダーに管理者としてアクセスする必要があります。これによりドメインがすぐに認証されます。
DNS TXTレコードの追加:
  1. [DNSレコードを更新]をクリックします。
  2. これを行うには、ドメイン名プロバイダーにログインする必要があります。最大72時間かかることがあります。
また、サービスによって手順が異なる場合があります。さらにサポートが必要な場合は、ドメインホストのサポートチームにご連絡いただくか、ドメインホスト提供の資料をご確認ください。
注: ここで紹介したいずれかの方法を実施して問題があった場合は、Workplaceサポートチームにお問い合わせください。ウェブサイトまたはDNSホストにアクセスできない場合は、社内のIT部門にお問い合わせください。
この情報は役に立ちましたか?
WorkplaceでDNSのTXTレコードを使用してドメインを認証するには、こちらの手順に従います。その後、ご利用のドメイン登録サービス事業者が案内している手順に従ってください。ドメイン登録サービス事業者は通常、DNSのTXTレコードを使ったドメイン認証の手順を独自に用意しています。手順がわからない場合は、事業者のサポートサービスに問い合わせるか、事業者のヘルプセンターをチェックしてください。
よく利用されているドメイン登録サービス事業者のサポートセンターと、DNSのTXTレコードを使ったドメイン認証の手順へのリンクを一覧にしました。なお、Workplaceはこれらの事業者と提携しているわけではないため、手順を説明することはできません。
DNSのTXTレコードガイドヘルプセンター/お問い合わせページ
NameCheapガイドサポート
Bluehostガイドお問い合わせ
Hostgatorガイドサポート
GoDaddyガイドお問い合わせ
Hoverガイドお問い合わせ
Gandiガイドお問い合わせ
DreamHostガイドサポート
Name.comガイドナレッジベース
1 and 1ガイドお問い合わせ
Network Solutionsガイドお問い合わせ
101domainガイドサポート
EnCircaガイドお問い合わせ
Register.com見つかりませんでしたサポート
dynadotガイドよくある質問
iPageガイドサポート
internetbs見つかりませんでしたお問い合わせ
eNomガイドヘルプセンター
webair見つかりませんでしたお問い合わせ
hosting24見つかりませんでしたお問い合わせ
EuroDNSガイドサポート
Nominet見つかりませんでしたお問い合わせ
123-Regガイドサポート
Google Domainsガイドサポート
InMotionHostガイドサポート
LogicBoxesガイドお問い合わせ
この情報は役に立ちましたか?
この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの管理者にのみ適用されます。コンピューターからWorkplaceにログインしている場合にのみ、ドメインを認証できます。
HTMLファイルを使ってドメインを認証するには:
  1. Workplaceの左側にある[管理者用パネル]をクリックします。
  2. [設定] > [認証済みのメールドメイン]の順にクリックします。
  3. [新しいドメインを追加]で、ドメインを入力します。
  4. [ドメインを追加]をクリックします。
  5. [HTMLファイルのアップロード]をクリックして、HTMLファイルをダウンロードします。次に、サイトのルートディレクトリにHTMLファイルをアップロードします。
  6. アップロードが完了したら、サイトの[認証]をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
会社のドメイン登録者情報を確認するには、コンピューターで次の手順に従います。
  1. 以下の無料のWHOIS検索サービスのいずれかに、会社のドメインを入力します。
  2. ドメインがわかったら、ドメイン登録者の場所に移動する必要があります。CTRL + Fを押すか(Windowsの場合)、Command + Fを押してください(Appleコンピューターの場合)。WHOIS内で「Registrar」という語を検索します。
  3. 検索ワード「Registrar」の近くにドメインのブランドが表示されます(ただし、個人用としてマークされていないことが条件です)。ヘルプセンターのこの記事の目的を果たすために、ドメイン登録者の場所に移動したと仮定します(登録者は仮にNetwork Solutionsとします)。
  4. これで登録者の場所がわかったので、そのガイドを探してTXTレコードを修正します。ガイドを見つけるには、Googleで「Network Solutions txt レコード」で検索するとよいでしょう。
Workplaceは、このガイドには一切関係がないことに注意してください。ガイドに関する不明な点は、登録者のヘルプセンターまたはヘルプラインに問い合わせることをお勧めします。
この情報は役に立ちましたか?
この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの管理者にのみ適用されます。
会社が登録したメールドメインを確認するには、コンピューターからWorkplaceにログインする必要があります。
会社が登録したメールドメインを確認するには:
  1. プロフィールの左上にある[管理者用パネル]をクリックします。
  2. [設定]をクリックし、[アカウントとプロフィール]までスクロールします。あなたの会社が設定したメールドメインの番号を確認できます。
注: メールドメインを登録することで、別の団体がそのメールドメインを使ってアカウントを作成することを防止できます。
この情報は役に立ちましたか?
Admins can choose to turn on the self-invite setting to allow anyone from the chosen email domains to join their Workplace without being invited.
To turn on self-invite:
  1. From the Admin Panel, click Settings.
  2. Click Company Settings.
  3. Below Joining this Workplace, click the option next to Anyone from the following email domains can join.
  4. Below Access Requests, click the option next to Automatically approve requests from these email domains.
  5. This will enable people from the chosen verified or allow-listed email domains to automatically join your Workplace without request.
    Find out more about managing your email domains.
この情報は役に立ちましたか?
ドメインのホワイトリスト
Allow-listing grants Workplace admins without verified domains the ability for certain actions to be taken for Workplace that were previously restricted to only verified domains. However, it still doesn’t allow the full range of technical and administrative features that comes with verifying a domain, such as SSO.
If you are unable to or choose not to verify your domain, allow-listing is an option that allows some control over Workplace creations. Allow-listing still enables users to create new Workplaces under that email domain.
To allow-list your domain:
  1. Click Admin Panel.
  2. Click Settings.
  3. Select the Email Domains tab.
  4. Under Allow List or Verify a Domain, enter the domain name and select Add Domain.
  5. In the next tab that opens, click Allow List Multiple Domains.
If you choose to allow-list your domain, you can still verify it at any time.
この情報は役に立ちましたか?
Admins can choose to either verify a domain, allow-list it or do nothing. If you’re unable to verify your domain, you have the option to allow-list. Allow-listing your domain allows other people with the same email domain to create separate Workplace accounts. If you choose to allow-list your domain, you can still verify it at any time.
A verified domain proves that you exclusively own that domain. Once your email domain is verified, users within your Workplace won’t be able to create new Workplaces using that domain.
Verified domains have the following features:
  • The ability to edit PII (personally identifiable information)
  • Send users notifications prior to profiles being claimed
  • SSO login
If your domain is verified, other allow-listed Workplaces won’t be shown as options for users to join.
Find out more about SSO.
この情報は役に立ちましたか?