Workplaceアカウントの二段階認証を有効にするにはどうすればよいですか。

二段階認証を有効にしてWorkplaceアカウントに二段階認証システムを追加し、セキュリティを強化できます。
二段階認証(多要素認証(MFA)とも呼ばれます)をオンにすると、新しいデバイスからWorkplaceアカウントやアプリにログインしようとするたびに、特別なセキュリティコードの入力を求められるようになります。このセキュリティコードを入力すると、同じデバイスから再度ログインするときにログインプロセスを繰り返さずに済むよう、デバイスの情報をアカウントに保存するオプションを選択できるようになります。
二段階認証をオンにするには:
  1. Workplaceにログインします。
  2. Workplaceの左下にあるプロフィール写真をクリックします。
  3. [設定]をクリックします。
  4. [セキュリティとログイン]をクリックします。
  5. 下へスクロールし、[二段階認証を使用]セクションで[編集]をクリックして、[スタート]を選択します。パスワードの再入力を求められる場合があります。
  6. [SMS]セクションで[新しい電話番号を追加]をクリックして電話番号を追加します。電話番号を入力すると、SMS経由で届いた認証コードを入力してその番号の所有者であることを認証するよう求められます。
二段階認証の設定を行ったら、[オンにする]をクリックして機能を有効にする必要があります。
注: セキュリティコードは、サードパーティのアプリやWorkplaceアプリのコードジェネレーターを使用して生成することもできます。
二段階認証へのアクセス権がない場合やログインできない場合は、Workplaceの管理者に連絡するか、アクセスを回復するためのリクエストを送信してください。
この情報は役に立ちましたか?