社員の忘れられる権利をWorkplaceに導入するにはどうすればよいですか。

利用者の忘れられる権利は、新しい一般データ保護規則(GDPR)のコンセプトではありません。現在、現行のデータ保護法のもとで義務付けられている権利です。GDPRの第17条で詳しく説明されているとおり、利用者はデータ管理事業者に自身の個人データの削除をいつでもリクエストできます。そのようなデータがある場合、このリクエストを受けてそのようなデータの処理を続ける理由を理解することは、データ管理事業者に委ねられています。管理者は利用者のアカウントの削除をいつでもリクエストできます。アカウントを削除すると、その利用者についてWorkplaceで保持されている個人情報が削除されます。プロフィール、投稿されたすべてのコンテンツ、コメントも削除されます。
この情報は役に立ちましたか?