社員の忘れられる権利をWorkplaceに導入するには、どうすればよいですか。

Androidアプリのヘルプ
コンピューターのヘルプ
iPadアプリのヘルプ
iPhoneアプリのヘルプ
モバイルブラウザヘルプ
利用者の忘れられる権利は、新しい一般データ保護規則(GDPR)の概念ではありません。現在、現行のデータ保護法のもとで義務付けられている権利です。GDPRの第17条で詳しく説明されているとおり、利用者はデータ管理事業者に対して、自身の個人データの削除をいつでもリクエストできます。このリクエストを受けた後、そのようなデータ(存在する場合)の処理を継続する根拠を説明する責任は、データ管理事業者に委ねられています。管理者は、利用者のアカウントの削除をいつでもリクエストできます。アカウントを削除すると、Workplaceで保持されているその利用者の個人情報が削除されます。プロフィール、投稿されたすべてのコンテンツやコメントも削除されます。
この情報は役に立ちましたか?
はい
いいえ