Workplaceでサポートリクエストメールを後から送信したい場合はどうすればよいですか。

この記事の内容は、WorkplaceエッセンシャルとWorkplaceアドバンスの利用者にのみ適用されます。
招待プロセスの利用について説明します。招待プロセスを利用すると、Workplaceにユーザーを招待する前に、あらかじめインポートしておくことができます。招待されていないユーザーアカウントは所有権を申請したりメールを受信したりできません。ただし、グループへの追加やタグ付けといったその他の操作は他のユーザーアカウントと同様に扱われます。詳しい情報は、こちらのページをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?