簡単な方法でつながりを維持する

Workplaceを使ってチームのつながりを維持できます。情報の共有、社員エンゲージメントの獲得、文化の醸成、あらゆる場所にいる社員との交流を可能にする、お馴染みの機能を活用しましょう。効果を測定して、何が効果を上げているかを確認することもできます。

*入力したメールアドレスは、30日間の無料トライアルの認証のみを目的として使用されます

ビジネスニーズを満たす安全なツール

Workplaceはビジネスニーズに合わせて利用できる柔軟性がありながら、セキュリティも確保されているため、安心して利用できます。

適切な相手に適切なタイミングで情報を共有することでビジネスコミュニケーションを強化し、全員の認識を合わせることができます。

使いやすいイントラネットを利用して、重要なコンテンツを簡単に作成、発見、共有できます。特にモバイルでの利用が便利です。

全社のグループ、あるいは地域やチームごとのグループに社員を自動的に追加すると、メンバーは関連性の高い最新情報や重要な告知がどこにあるかを把握できます。

過去のエンゲージメントやチームでのやり取りからメンバーの関心が高い情報としてAIが優先順位を判断した投稿をスクロールして確認できる場所です。

重要なお知らせをニュースフィードのトップに固定することで、グループのメンバーがメッセージを見逃さないようにすることができます。

全員に発言の機会を与えて有意義なディスカッションに参加できるようにすることで、社員のエンゲージメントを高めましょう。

ライブで配信して、会社からの告知に信用を持たせましょう。Q&A、キャプション、動画チャプターを追加すれば、エンゲージメントが高まります。

対面式やバーチャルなイベントで、重要な機会に社員を集め、インクルージョンの文化を育みましょう。

Workplace投稿にフィードバックやアイデアをコメントすることで、会話に参加できます。

プロジェクトのキャッチアップやちょっとしたコーヒータイムなどをしたいときに、デスクトップでもモバイルでも簡単に同僚とつながることができます。

91言語への自動翻訳に対応しているので、国や地域にかかわらず誰にでも発言の機会があります。

会社の現状を把握し、社員が自分の意見を言えるようにすることで、企業文化の強化をはかりましょう。

次回の全社ミーティングで取り上げてほしいことを社員に聞いたり、社員が考えていることを把握したりできます。

写真をアップロードし、代名詞の性別を選び、名前の発音方法を教えて、本当の自分を知ってもらうことができます。

インスタントメッセージ経由で簡単な自動アンケートを送信することで、モバイルデバイスで仕事をしているスタッフにも意見を聞くことができます。

単一のプラットフォームを利用することで会社の一体感を生み出し、コミュニティ構築の効果を測定することができます。

Google WorkspaceやAzure AD、Okta、OneLoginを使用して、ワンクリックで社員をWorkplaceに追加できます。

メールアドレスがなくても問題はありません。一時コードを使用すれば、誰でもWorkplaceの設定を行えます。

シフトの交代、書類への署名、社員評価など、フロントラインワーカーの重要な業務を自動化できます。

閲覧回数、センチメント、社員エンゲージメントなど、気になることをわかりやすい分析で定量化できます。

データの安全を確保する

使いやすさだけでなく、セキュリティの高さもWorkplaceの強みです。こうしたことから、WorkplaceはAstraZenecaやシンガポール政府などの要求の高い企業や組織に導入されています。ISO 27018を取得しており、GDPRを遵守しています。また、WorkplaceのアカウントはFacebookとは別に管理されます。

登録してWorkplaceの最新情報を受け取る

Workplaceに登録して、仕事の最前線から最新の情報とインサイトを手に入れましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなどマーケティング関連のメールを弊社から受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り下げてメールの購読を停止できます。また、このフォームを送信することで、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。