あらゆる業務を、1か所に集約

いつものツールをWorkplaceに集約しましょう。統合機能はあらゆるニーズに対応しています。

*入力したメールアドレスは、30日間の無料トライアルの認証のみを目的として使用されます

セキュリティも統合。NetskopeやMcAfeeとのサードパーティ統合を利用することで、コンプライアンスやデータセキュリティ、脅威からの保護のニーズを満たすことができます。または、グラフAPIとWebhooksの機能を利用したカスタム統合も構築可能です。

フロントラインとの距離を縮める

ADPとServiceNowとの統合により、現場の社員との距離を縮めることができます。その他の統合が必要な場合もご安心ください。

統合の方法を選ぶ

Workplaceは、現在使用中のツールと統合できます。できることはそれだけではありません。ボット、カスタム統合、ネイティブ統合により、Workplaceは業務の負担を軽減し、社員同士のつながりを強化します。仕事がもっと楽しくなることさえあるかもしれません。

カスタム統合を使うことで、Workplaceグループやチャットのボットを構築できます。

これを使わない手はありません。Workplaceでボットなどの統合を活用している大企業のお客様では、Workplaceの浸透率が25%も高くなっています。加えて、ボットを使っていないお客様と比べて社員のエンゲージメント率が16%高くなっています。

ボットのメリット:

  • ITヘルプデスクへの負荷を軽減
  • 新規雇用者のオンボーディングをさらに効率化
  • リーダー層が組織の意識を把握するのに役立つ
  • その他、多数のメリット

現在、Workplaceを使用している企業の64%がカスタム統合を1つはインストールしています。

グラフAPIとアカウント管理APIにより、既存のワークフローにWorkplaceを組み込むことが容易になりました。

カスタム統合のメリット:

  • インハウスで構築

  • 社員情報を引き続きアイデンティティサービスプロバイダーで管理

  • グループのメンバー登録を自動化

  • グループ内の投稿のバックアップを作成

  • 別のサービスでのアクティビティに基づき特定のグループに自動的に投稿

Workplaceは、現在使用中のツールと統合できます。

ボット、カスタム統合、ネイティブ統合により、Workplaceは仕事上のつながりを強化できるほか、作業をよりシンプルにして負担を軽減できます。

ネイティブ統合のメリット:

  • シンプルな手順を実行するだけで、ツールと接続して利用を開始
  • 特別な作業をすることなく、特定のサービス、オートメーション、機能を利用可能
  • Workplace管理者であれば誰でもインストール可能

「Googleドライブとの統合により、ドキュメント、ファイル、画像のシェアやコメント追加を簡単に行えるようになったことで、共同作業がスムーズになりました」

Ryan Rodenbeck氏

Spyglass、CEO

よくある質問

Workplaceは80を超える業務ツールと統合できるため、社内の既存のテクノロジーエコシステムに簡単に組み込むことができます。生産性ツールやアイデンティティプロバイダー、ビデオ会議ソフトウェアなどとの統合により、他のツール上のコンテンツをWorkplaceに共有したり、Workplace上のコンテンツを別のプラットフォームに表示したりできます。柔軟な統合が可能なため、完全に自社独自の方法で社員のエンゲージメントシステムを設計できます。利用可能な統合については、Workplaceの統合ディレクトリをご覧ください。

昨年の5月にリリースされたWorkplaceプラグインにより、Workplace上のコンテンツをSharePointや社内のウェブサイト、イントラネットなど他のプラットフォームに安全に共有できるようになりました。プラグインにはこの他にも、組織内の重要な情報をより見つけやすくできる、コンテンツを届ける範囲を広げられる、Workplace上でのエンゲージメントが高められるといったメリットもあります。

Workplaceは80を超える統合に加えて多数のAPIも公開しているので、ビジネスに特有のニーズに合わせてカスタム統合を構築できます。

Workplaceは、FacebookとMessengerのプラットフォームを業務向けに作り変えたものです。そのため、開発者は、グラフAPIやWebhooksといった使い慣れたテクノロジーを使って、Workplaceと他のエンタープライズツールを強力に統合することができます。WorkplaceのAPIやその他のプラットフォームリソースについて、詳しくはWorkplaceの開発者向けドキュメントをご覧ください。

Workplaceは、セキュリティとコンプライアンスの要件を非常に重要なものと捉えています。そのため、世界中のお客様が個々の法律、ポリシー、リスク、脅威モニタリングの要件を満たせるよう支援する機能を提供しています。技術的なレベルでは、そうした要件の遵守に役立てることができる機能が主に2つあります。Workplaceインスタンス上のすべてのユーザーコンテンツを読み取れるグラフAPIと、ユーザーコンテンツの変更やユーザー/管理者イベントが発生するたびにイベント駆動型のお知らせを送信するWebhooksです。

統合パートナーを見つけましょう

統合パートナーの一覧からニーズに適したパートナーをお探しください。