自動翻訳

46言語。努力ゼロ。自動翻訳により真のグローバルビジネスに。

モバイルでのWorkplaceの自動翻訳の例

コミュニケーションをグローバル化

ビジネスをグローバル化する鍵は、言葉の壁を解消することです。これは世界各国に営業拠点を持つ企業では特に重要な課題となります。言葉がうまく通じないというだけで優れたアイデアが社内に広まらないこともしばしばです。

自動翻訳を利用すると、世界中のチームと難なくコミュニケーションをとれるようになります。ニュースフィードに普段とは異なる言語のコンテンツが投稿されると、自動翻訳がその場ですぐに翻訳します。追加の手順は必要ありません。時間を無駄にすることもありません。

イノベーションを世界に解き放つ

この機能に使われている機械学習テクノロジーは、現在Facebookで1日45億件の自動翻訳を実現しているのと同じものです。しかも、日々改良が重ねられています。これにより、Workplaceを利用する人は誰でも英語、ドイツ語、日本語をはじめ46種類の言語で仕事の話ができるようになります。

Workplaceの自動翻訳機能の別の事例
Workplaceの社内ニュースフィードにシェアされたデスクトップにおける自動翻訳の動作例
エアアジアでの自動翻訳導入事例

航空会社エアアジアでは、自動翻訳機能を活用することで英語を話さない社員も英語でのコミュニケーションに参加しやすくなりました。

Workplaceの機能

アカウントを作成

仕事用のメールアドレス