社員のつながりを緊密にするツール

Workplaceはただのチャットツールではありません。すでにご利用中の業務ツールと統合するさまざまな機能を取り揃えており、社内のすべての人が、シンプルかつなじみのある方法で、適切なタイミングで適切な相手に情報をシェアできます。誰もが最新情報を入手でき、目標の達成に向けてスムーズに業務を遂行できます。

メッセージを活用して社員の関心を引きつける

グループ

長くて複雑なメールスレッドにうんざりしていませんか。グループ機能を使えば、より効率的に詳細な議論を進めたり情報やドキュメントをシェアしたりできます。

チームやプロジェクトごとに個別のグループを作成して適切なメンバーを招待し、最新情報、ファイル、写真、動画の投稿を始めましょう。

各グループをどの範囲に公開して誰に投稿を許可するかを設定できます。全員に見てほしい投稿がある場合は、投稿を「重要」に指定することもできます。

ライブ動画配信

ライブ動画は、チームや社内にニュースやお知らせを配信したいときに最適です。スマートフォンでライブ配信をしたり、パソコンから直接プレミアムイベントを作成したりすることができます。

ライブ動画のキャプションや翻訳を追加し、メンバーがどこにいてもエンゲージメントを促進しましょう。コメント、リアクション、アンケート、Q&Aを通じてリアルタイムのフィードバックが得られます。

ニュースフィード

社内の全員に、個別にカスタマイズされたニュースフィードが表示されます。高度なAIを活用して投稿が次々と表示され、自分が閲覧した時点で最も重要な情報をスクロールしながら見ることができます。

社員は、関係のない情報に邪魔されることなく、自分にとって大切な問題の最新情報だけをチェックできます。

情報ライブラリ

情報ライブラリは、デスクトップやモバイルで、人事のポリシーや在宅勤務のアドバイスといった静的なコンテンツを作成、保存、共有できる場所です。

ITサポートの手を借りなくても簡単に使えます。チャットスレッド、グループ投稿、ライブ動画の横に並んでいるので、会社のあらゆる情報へのアクセス、チェックが容易にできます。

使い慣れたツールで共同作業をする

既存ツールとの統合

Workplaceは、すでにご利用のツールと統合できます。

Office 365やG SuiteからDropbox、Salesforce、SharePointまで、50以上の世界有数のクラウドサービスと統合でき、社員の登録、ドキュメント検索、共同作業が容易になります。

Workplaceチャット

もちろん、Facebook Messengerも使えますが、ビジネスには、

Workplaceチャットはリアルタイムの会話にぴったりです。社内の誰にでも連絡でき、GIF、スタンプ、絵文字、親指アイコンを使ってコミュニケーションできます。ボイスメッセージを送信したり、アンケートを実施したり、外出先から同僚に現在地を知らせることも可能です。

音声通話とビデオ通話

モバイルやデスクトップでボタンをタッチするだけで、1対1またはグループでの音声通話とHDビデオ通話を開始できます。

本格的なビデオ通話コラボレーションを行う場合は、Workplace Roomを作成し、リンクを送りましょう。最大50人が、Workplaceを使用していなくてもデスクトップ、モバイル、Portalで参加できます。画面共有や主催者コントロールなど、通話中に使える機能を大いに活用しましょう。

会社間グループ

会社は島ではありません。他の組織の人と連携する必要がある場合は、会社間グループを使いましょう。セキュリティが確保された場所で、社外のチームやパートナー、サプライヤー、顧客とコラボレーションできます。

スレッド形式でコメントでき、ドキュメントのシェアも簡単で、長々としたメールのやり取りを検索して決定事項を追跡する必要もありません。

メンバーからフィードバックやアイデアをもらう

コメント

メールを使って社内の全員と最後にやり取りしたのはいつだったでしょうか。

Workplaceのグループ機能を使えば、投稿を使って簡単に議論を開始し、コメントで他の人の反応を知ることができます。

メールの往復とは異なり、コメントがスレッド形式で表示されるため、簡単に議論を追いかけて最新の決定事項を確認できます。

リアクション

コメントと同様に、リアクションも投稿できます。

リアクションは、簡単に意思表示ができるおなじみの方法です。議論の内容について同僚がどう感じているかを即座に知ることができます。

アンケート

会社の意思決定に社員の意見を反映させる必要がありますか。

アンケート機能では複数の選択肢を設定できるため、月例のQ&AでCEOにたずねる内容からチームでどこにランチに行くかまで、あらゆる事項を皆で決定できます。

アンケート

より詳細な調査が必要な場合は、アンケートで組織全体の動きを把握しましょう。

必要な質問を設定し、回答を記述式にするか選択式にするかを決めたら、選んだ対象者に宛ててWorkplaceチャットでアンケートを送信します。

誰も置き去りにしない

アクセスコード
アイデンティティプロバイダー統合とSSO
プロフィール

アクセスコード

大半の業務用ツールでは、利用を開始する際にメールアドレスが必要です。Workplaceなら、メールアドレスの有無にかかわらず、誰でもすばやく簡単につながれます。SMSや投稿を介して一意のアクセスコードを利用者に送信し、利用者がそれをWorkplaceに入力するだけで、利用を開始できます。

アイデンティティプロバイダー統合とSSO

Azure AD、G Suite、Oktaなどのアイデンティティプロバイダーとの統合により、可能な限り安全にメンバーを追加します。また、シングルサインオンを使用すると、メンバーは既存のアイデンティティプロバイダーからの情報を使用できるため、Workplaceにすばやく簡単にログインできます。

プロフィール

Workplaceに参加する社員全員に個別のプロフィールが設定されます。そのため、それぞれの人の特徴、勤務地、業務内容、組織内で果たしている役割について知ることができます。