Valet Living

1995年にフロリダで設立されたValet Livingは、住宅コンシェルジュと不動産管理のサービスを米国内40州で提供しています。

Workplaceに問い合わせる
業種

不動産サービス

企業規模

7,000人以上

地域

北米

課題

同社社員の90%はパートタイムで、メールを日常的に使用していません。日々の業務から離れたところで起きている会社の出来事をスタッフが認識していないことがたびたびあったため、同社は社員とコミュニケーションを取り、重要なメッセージを共有するためのより効率的な方法を求めていました。

Workplaceを選んだ理由

Workplaceは、全国の社員をつなぐ使いやすく実績のあるプラットフォームです。トレーニングを少し受けるだけで利用できるため、高い利用率を達成し、エンゲージメントやカルチャー、コミュニケーションを強化することができました。

成果

40~50%社内での昇進の増加(前年比)

20%離職者の減少

75%フロントラインワーカーによるWorkplaceの利用率

Workplaceの効果

すべての社員をつなげる

Valet Livingのスタッフは国内に散らばっているため、同社は重要なメッセージを伝え、最新情報を共有し、組織の職位を超えたカルチャーを醸成するためのシンプルな方法を求めていました。経営層はWorkplaceグループにより、すべての社員を1つにまとめて、アイデアを出し合い、質問を投げかけ、最新の情報を得る機会を全員に提供できました。

社内ですべての社員に機会を提供

同社はWorkplaceグループを開設し、社内の求人情報を告知するようにしました。このグループを開設して以来、社内での昇進が50%増え、他部門で使えるスキルを習得する社員も増加しています。

連携と社会的責任

同社の経営層はWorkplaceを通じ、文化や社会に関する問題について組織として確固たる見解を共有することができました。リーダーたちはこのプラットフォームを利用して、国内で発生している社会的不公平について双方向的な対話を行いました。それを通じて、職位に関わらずすべての社員が会社の考え方を理解できるようになりました。

「Valet Livingで起きているすべてのことは社員から始まります。Workplaceは、私たちとフロントラインを直接つなぐかけがえのないツールです。毎日Workplaceを見て、社員から学び、日々の素晴らしい仕事ぶりを直接知ることを心から楽しんでいます」

Shawn Handrahan氏

Shawn Handrahan氏

社長兼CEO

主な機能