CEOが求めるのは、社員同士の希薄な関係を改善できる人事責任者

組織の大半はコネクテッドではありません。世界全体で見ると企業の社員の87%が、仕事のうえで交流することがないと回答しています。この傾向にピリオドを打った人事責任者の手法をご覧ください。

人をつなげるコミュニケーションに向けた9ステップの戦略

コネクテッドな職場を実現するために人事部がとっている8つの方法

人のつながりが強い組織では収益性が21%高く、生産性が17%高い一方、離職率は40%低くなっています。こうした組織では、職場の少数意見も尊重されます。

人事責任者としての力を活かして次のような状況を生み出せば、社員同士をつなげることができます。

  • 従業員参加型コミュニティを築く
  • 新入社員を職場に早く順応させる
  • 誰でも声をあげられるようにする
  • 従業員の定着率を高める

ノウハウ満載の本ガイドをご希望の方は、こちらのページのフォームに必要事項を入力してお申し込みください。

お時間はかかりません

詳細な情報をいくつかご記入いただくだけで、この素晴らしいコンテンツをダウンロードできます。

関心をお寄せいただきありがとうございます。このフォームを送信すると、入力した電話番号にFacebookから連絡を受ける場合がある旨を理解し、これに同意することになります。また、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。