Yoma Bank

メールにアクセスできない人たちをつなげる

業種

銀行サービス

組織規模

2,800人

地域

アジア太平洋

Yoma Bankでは、オンラインにアクセスできる社員が20%以下だったため、社員への連絡事項は、印刷されたニュースレターを通して伝えられていました。

メールにアクセスするのは経営陣のみで、共有できるファイル容量も限られていたため、支店への連絡がスムーズではありませんでした。

Workplaceの効果

社員のつながりをより緊密なものに

Workplaceにより社員がオンラインにアクセスできるようになりました。その結果、社内全体でアイデアの共有が進み、旅費交通費が削減されました。

オープンな組織づくりをリード

CEOであるHal Bosher氏は、毎日社員とコミュニケーションをとり、業界のインサイトに関する情報や、社員をやる気にさせるメッセージ、出張中に起きた面白いエピソードなどをシェアしています。

社会貢献に活用する

ミャンマーの洪水被害に対する支援のために、社員がWorkplaceを使って募金キャンペーンを実施した結果、55万3,500チャット(1,300ドル相当)の募金が集まりました。

支店とつながる

建設部門の責任者はグループを使い、新支店の開設プロジェクトの最新情報をシェアしています。また、教育・トレーニングセンターは、支店スタッフが銀行の製品について楽しく学べる教育プログラムの情報をシェアしています。

才能を発掘する

人事部門は「採用」グループに欠員情報を投稿できるため、人材の募集が簡単になりました。

「Yoma Bankは、Workplaceの導入によって、以前なら不可能とされていた方法で全社員をつなげ、デジタル時代に入りました。現在、2,800人の社員が情報を入手し、意見を交換し、自身の見解をビジネスの運営に反映させています」

Hal Bosher氏

Hal Bosher氏

CEO

主な機能

アカウントを作成

メールアドレス