WWF

環境保全に携わる人々のグローバルコミュニティをつないで支援する

業界

非営利

企業規模

6,800人

地域

グローバル

世界自然保護基金(WWF)は、世界を代表する非営利団体の1つです。約60年にわたり、野生生物や絶滅危惧種の保護を通じて地球の未来を守る活動を続けています。

ザンビアからカンボジア、オーストリア、アゼルバイジャンまで、WWFは100か国以上で6,800人以上の職員が活動を展開しています。各国のオフィスではその地域の問題やキャンペーンに取り組み、WWFインターナショナルが世界規模での調整とサポートを担っています。WWFの活動範囲は、野生生物、森林、海洋、淡水、気候、エネルギー、食糧、金融、マーケット、ガバナンスの、9つの分野に分けられます。

Workplaceの導入前は、各国のオフィスは互いに連携していなかったため、世界各地でのそれぞれの活動について把握できる範囲は限られていました。Workplaceの優れたコラボレーションツールによって、すべてのオフィスとチームが同じページにアクセスできるようになり、これまでにない共同作業が実現しました。Workplaceが、環境保全に大きな影響をもたらすグローバルコミュニティのつながりを強化したのです。

「Workplaceのおかげで、WWFではオープンで透明性の高い、新たな共同作業の形が実現しました。世界中のオフィスやスタッフが1つになってコミュニケーションを取りながら、この地球上で最も差し迫った重要な環境問題に取り組むために欠かせない、さまざまなアイデアや意見を共有しています」– Head of Network Communications、Kate Cooke氏

成果

200%2017年の年次会議でWorkplaceをパイロット運用した後の、2018年の年次会議におけるエンゲージメントの増加率

400人会社間グループで「アースアワー」開催に協力したWWFと外部のチームメンバーの数

100%WWFの組織がライブ動画で年次会議に参加できる割合

Workplaceの効果

環境保全への取り組みに向けてグローバルコミュニティを動かす

熱心な環境保全活動家や環境問題の専門家が多く従事するWWFでは、WWF内のコミュニティで専門知識を持つ人を見つけるうえでWorkplaceが役立ちました。各国のオフィスでは最新情報を定期的に共有しており、他国のオフィスはそこから情報を得て活用できます。これは、Workplaceの導入前には困難だったことです。これにより、WWFでは連携を強化して簡単に情報を共有できるようになり、作業の重複を防ぐことができるようになりました。同時に改革が進み、グローバルコミュニティのつながりが強まりました。

現在はグループやニュースフィードでのオープンな情報共有を通じて、WWFの原動力である#TogetherPossibleの理念を実現しています。成功を目指してオープンな環境で共同作業し、互いの意見に耳を傾け、ひるまずに改革する場を、Workplaceによって作り上げたのです。

「記事やネットワーク活動のアラートとしてWorkplaceを活用しています。現場での取り組み、反密猟に関する活動の成果、米国以外に特化したアクションキャンペーンなどの情報を見つけ、チームの話し合いの場で共有します。さらに、チームにこのような機会を伝えるためにも使っています。通知はすばやく、私たちのFacebookメインのライフスタイルにも合っています。インターフェイスも簡単で使いやすいものです」- WWF米国、編集ディレクター、Alex MacLennan氏

ライブ動画を利用して年次会議でのエンゲージメントを促進

従来WWFの年次会議には、主要な関係者と幹部役員のみが出席していました。Workplaceを導入した今年は、ライブストリーミングを通じてすべてのスタッフに配信することにより、全組織が参加できるようになりました。これにより、会議でのエンゲージメントは大きく増加し、ライブセッションでのコメントを通じてスタッフから価値あるインサイトや提案を集めることができました。

Workplaceのモバイルアプリもイベント時には重要なツールとなります。参加者は写真や動画をシェアして、各国に広がるコミュニティに情報を共有します。チームのリーダーはセルフィー動画をシェアして、イベントのまとめをすぐに送ることができます。

WWFのNetwork Communications OfficerであるPaolo Mangahas氏は、次のように話しています。「Workplaceのおかげで、組織全体を1つにまとめることができるようになりました。私たちはこれまでにない方法で迅速に、世界規模の大きな目標のもとに効率よく集まり、結束を固めることができます。Workplace導入以前なら、これほど効果的に結集することは難しかったでしょう」

会社間グループによって「アースアワー」での連携を強化

違法な野生生物の取引など、配慮を要する問題に迅速に対応することが求められる非営利団体にとって、メールで関係者とすばやく連携するのは非常に困難です。WWFと外部関係者との連携方法は、Workplaceの会社間グループ(MCG)によってまったく新しいものになりました。スタッフはファイルや最新情報をすぐに共有できるため、これまでよりはるかに早くフィードバックに回答したり、プロジェクトを進めたりすることができるようになりました。

WWFにおける最も重要な会社間グループの1つが、「アースアワー」を支えるグループです。2007年から主催する「アースアワー」は、WWF最大の最も影響力のある世界規模の運動で、気候の変化や、最近のより幅広い環境問題に対する意識を高めるためのイベントです。WWFとWWF以外の協力団体から400人ものメンバーが参加するこの会社間グループは、現在ではイベントの計画や開催のための公式な内部コミュニケーションチャネルとなっています。会社間グループは主に、重要な最新情報、アセット、クリエイティブ資料をリアルタイムで広めるために利用されています。さらに、世界中の188の国と地域で「アースアワー」が開催されている様子を紹介し、世界規模での大きな効果を人々に詳しく知ってもらうために利用されています。

「Workplaceによって、WWFは真の意味で力を合わせて1つになることができました。Workplaceにより相乗効果が生まれ、私たちがそれぞれ担っている活動についてより深く把握できるようになりました。周囲のあらゆることを共有することがアイデアにつながり、私たちは同僚として、友人として、そして1つのネットワークとして集結できるようになったのです」– WWFネパール、Communications & Outreach、Deputy Director、Akash Shrestha氏

Workplaceの活用

「Workplaceによって、気軽にシェアできる環境で情報を交換し、アイデアを得て、互いに関与するコミュニティを作り上げることができました。今では最新情報やアイデアをすぐに共有できるのです。優れたコンテンツは「オープンソース」になり、他の地域で活用されたり、適応されたりしています。さらに、仕事以外にも活用しています。Workplaceの利用はほとんどが仕事関連ですが、共通の趣味や関心について見ることができるウィンドウもあり、同僚を身近に感じるきっかけになります。ほんの少し、仕事に人間味が加わるのです」

Alex MacLennan氏

Paolo Mangahas氏

WWF、Network Communications Officer

主な機能

今すぐダウンロード

アカウントを作成

メールアドレス