Scoot

パイロット訓練の改良とワークフローの自動化を実現

業界

航空会社

企業規模

2,000人

地域

アジア太平洋

Scootは、シンガポールを拠点としたシンガポール航空グループのローコストキャリアです。全てのフライトを楽しくすることをミッションとして運営されています。エネルギーにあふれ開放的かつカジュアルな環境とコラボレーションの文化がこのミッションを支えています。

Scootは、組織全体をまとめるというだけでなく、会社のブランドと社風を保護し向上させるための、モバイルファーストのソリューションとしてWorkplaceを採用しました。滑走路、コックピット、チェックインカウンター。それぞれの持ち場がどこであろうと、Workplaceのおかげで今まで以上に従業員同士の距離は縮まりました。さらには安全かつ開放的な環境の中で従業員たちの一体感が培われ、ブレインストーミングやインスピレーション、それからユニークな意見がチーム内やチームの枠を越えて飛び交うようになったのです。これによりScootの成長と革新性は勢いを増し、さらに有能な人材確保と会社文化はさらに高いレベルへ進んだのです。

成果

98%普及率

90%以上週間平均利用者率

8〜10倍全社連絡に関するメールの減少

10〜15倍パイロット候補生含む新入社員のエンゲージメント意識の向上

Workplaceの効果

パイロット候補生の入社後研修を潤滑にし、Scoot文化を浸透させる

Scootのパイロット訓練プログラムの一環として、新たに入社したパイロット候補生たちは、Singapore Flying Collegeと共同で実施されるシンガポールでの半年間にわたる航空理論トレーニングに参加します。その後はオーストラリア・パースのジャンダコットで1年の飛行訓練期間を経てクルーの一員となります。訓練生にはWorkplace上の会社間グループへのアクセス権が自動的に付与され、シンガポールの本部とつながります。フルタイムの従業員ではない候補生には会社のメールアドレスが与えられないため、これはとても重宝されています。

Workplaceを使えば、訓練生同士や教官と候補生のコラボレーションの機会が大幅に増えます。候補生は誰でもオンラインの候補生コミュニティに質問を投稿することができます。回答はクラウドソーシングで募ることもできるし、教官に返信を求めることもできます。そして他の訓練生はその回答をシンプルな検索ですぐに見つけることができるのです。教官は、技術的な言及や手順についての投稿をシェアし、訓練生がコメント欄に投稿した質問などに即座に回答することができます。定期的でオープンなコミュニケーションができる社風こそScootの核となる価値観を形成しており、候補生たちもWorkplaceを通じてそれに触れることができます。

勤務管理プロセスの変革

勤務管理チームにとって、フライトクルーのスケジュール管理は骨折り仕事です。フライトのクルーを配置する際には、チーム、機長、パイロットらの間で交代などが頻繁に発生し、実に貴重な時間はその対応にとられがちです。これを合理化しようと、Workplaceにフライトクルーと勤務管理チーム向けの「勤務計画グループ」を作成しました。すると見事にフライトの配置決定作業は簡潔になったのです。

今では今後の勤務予定やシフトは一目瞭然でわかるようになりました。さらに、フライトクルーが勤務体制に関する質問や希望をコメントとして投稿することも可能にしました。これにより希望にはすぐに対応し、質問の重複は避けることができます。また、フライトに入ってくれるクルーを探す必要が出た場合、グループ内にそういったフライトにフラグをつけておくことで、自ら搭乗を申し出てくれるクルーを見つけることが容易になったのです。

フライト交替グループが各機種ごとに作成されました。グループには毎月頭に勤務体制が投稿され、クルー主導のフライトのスケジュールを入れ替えたい場合は、フライトクルーたちが自らそれを調整することができるようになりました。

ボットを使って一斉配信と自動化を実現

Scootは、スマートチャットボットPrepp Botを導入し、Workplaceチャットを使って緊急メッセージを全従業員宛に一斉配信しています。既読率をモニターすることができるため、既読率が低かった場合など、社内コミュニケーションチームがメッセージの確認を促すことも可能です。Scootでは、現在はメールを使用しながらマニュアル対応している従業員の入社後研修手続きを、近日中にPrepp Botで自動化する予定です。

また、Workplace上で各種ソフトウエアをまとめて統合することで、従業員が日々行うマニュアルタスクの負担を軽減させました。例えば、統合した中にはDropboxのドラッグ&ドロップのファイル共有機能があります。これにより、Workplaceは頻繁に共有されるファイルの保存庫としても機能するようになったのです。人事部は、従業員ハンドブックや飛行ガイドラインといった重要ドキュメントを頻繁にアップロードし、従業員が検索し入手することを容易にしました。

「開放的で率直に意見を言えるという会社作りというのが当社の理念であり、それに則りオフィスには仕切りがなくオープンな会話やコラボレーションが促進されるようにデザインされています。Workplaceはこの理念をさらなる高みに引き上げてくれました」

George Chan氏

George Chan氏

Scoot、シニア人事マネージャー

主な機能

今すぐダウンロード

アカウントを作成

メールアドレス