Olam

Olamは、食品、原材料、飼料、繊維を世界各地で供給する食品・農業業界の世界的大手企業です。60か国以上で事業を展開し、農業、購買、加工、販売、運営など多くの分野で確固たる主導的な地位を築いています。

業界

食品・農業

企業規模

87,000人

地域

全世界

課題

Olamでは、オープンな形で双方向のコミュニケーションを取る機会がほとんどなく、そのため、世界各地の多様な社員と効果的な関わりを持つことが思うようにできていませんでした。また、優秀な人材の引き留めと獲得を目指すために、透明性、インクルージョン、アクセシビリティを意識した組織改革を進めるなかで、企業文化を変える必要性も高まっていました。

Workplaceの利点

Workplaceは、リアルタイムコミュニケーションが可能なモバイルファーストのプラットフォームです。WorkplaceはOlamの社員にとってのワンストップソリューションとなり、新型コロナウイルス感染症流行下での社内コミュニケーション戦略の基盤となりました。Olamでは現在、世界中の社員をつなぎ、変革期においても社員との継続的な関わりを持つことが可能になっています。同社は、ハイブリッドワーク戦略へと舵を切るなかで、Workplaceは「コロナ後」も不可欠になると考えています。

成果

88%普及率

221,590件リアクション
(導入後)

78%月間アクティブユーザー

Workplaceの効果

社員の健康とウェルネスを実現

社員コミュニケーション部と人事部のリーダーが実施したWorkplaceでの意識アンケート調査により、社員がウェルネスと生産性に不安を抱えていることがわかりました。Olamではこの結果を受けて、こうした不安への対応強化月間を設け、コンテンツを制作したり、Workplace内のさまざまなグループで専門家を招いてライブセッションやワークショップを実施しました。

経営陣の顔を見せ、誠実に対話する

Olamでは、CEOと経営陣が主催するライブ動画セッションを通じて、社員から気になっていることについて質問を受け付けました。経営陣によるこうした動画配信を2週間ごとに行い、危機対応の取り組み、地域社会支援、新型コロナウイルス感染症による組織への影響に関する最新の情報を、社員にその都度報告しました。これにより、社員の不安を和らげるとともに、誠実に組織と対話することで経営陣の顔を見えやすくすることができました。

社員同士の称え合いキャンペーンで士気を向上

社内の士気を高めるため、社員コミュニケーション部は社員同士の称え合いキャンペーンを実施しました。これにより、パンデミック対応で同僚や顧客、地域社会のために全力を尽くした社員を称賛することができました。このキャンペーンには非常に多くの社員に参加してもらうことができました。

危機の最中でも効果的なコミュニケーションを実現

Olamは社員との情報共有を目的とした「COVID-19 Announcements」グループを作成し、全世界共通または地域別の健康アドバイス、予防策に関する重要な告知、新型コロナウイルス感染症関連の成功事例、メンタルヘルスのリソースなどを発信しました。

「Workplaceがなかったら、このパンデミック下でどうやってコミュニケーションを取っていたのか想像もできません。社員との関わりを保てなかったでしょうし、60か国に散らばる社員間のつながりを維持できなかったでしょう」

Dev Sarkar氏

Dev Sarkar氏

Olam、社員コミュニケーションおよびエンゲージメントグループ責任者

主な機能