nbn

知識を共有しチームの業務を効率化

業種

電気通信

組織規模

6,000人

地域

アジア太平洋

nbnは2020年までにオーストラリアの全世帯に高速ブロードバンドを整備するという、オーストラリア最大のインフラプロジェクトを展開しています。これまでのコミュニケーションシステムでは、部門や業務単位でシステムが林立することで情報共有が阻まれたり、大量のメールのやり取りなどで業務に無駄が生じていました。

急激に変化する環境で事業を展開するnbnは、社内を一つにまとめる方法を模索していました。無駄の多い既存のツールから、専門知識やアイデアをチームで共有できる新たなツールに移行するときが来ていたのです。

Workplaceの効果

地方から大都市まで

情報の共有がトップダウン方式ではなくなり、オーストラリアの奥地から大都市のオフィスまで、社員全員が情報や質問、アイデアを共有できる平等な環境へと変化しました。

スピードと敏捷性が生む成果

プラットフォームの再設計が、実験プロジェクトとしてWorkplaceで迅速に進められたため、メールのやり取りと会議の数が減少しました。

知識の共有とチームの効率化

ITチームがサポートリクエストをWorkplaceグループに順次投稿し、共有することで、メールの数が大幅に減少しました。さらに、知識の共有という予想外のメリットがありました。社員がお互いをサポートし合った結果、コミュニティでの意見交換が「よくある質問」コーナーになったのです。

「Workplaceにより、6,000人を超える社員が意見を交換できるようになりました。地域や年齢、役職を問わず、全社員が平等に交流し、当社のインサイトやストーリーにアクセスできるようになりました」

Karina Keisler氏

Karina Keisler氏

Corporate Affairs、Executive General Manager

主な機能

アカウントを作成

メールアドレス