National Australia Bank

危機的状況下で34,000人以上のリモート社員をひとつにまとめる

業界

ファイナンス

組織の規模

34,000人

地域

アジア太平洋

National Australia Bank (NAB)は、 オーストラリアの四大金融機関の1つであり、 オーストラリア、ニュージーランド、および世界中の800を超える場所で 900万人を超える顧客にサービスを 提供しています。

経営陣の刷新や新型コロナウイルス危機によるリモートワークへの移行に伴い、同行では、Workplace from Facebookが、社内コミュニケーションの推進と組織内のコミュニティ意識の醸成において中心的役割を果たしました。

リアルタイムで最新情報を提供し、経営陣に直接コンタクトをとれるプラットフォームを行員に提供することで、NABは、強固で結束力のある文化を育み、行員が顧客へのサービス提供に集中できるようにしました。

危機的状況下での支援から仕事の改善のサポートまで、Workplace from FacebookはNAB行員の生活に溶け込んでおり、同行の85%以上の行員が毎日利用しています。

成果

85%Workplaceを毎日利用するNAB行員の割合

15,000人モバイルアプリユーザーが4週間で5,000人から15,000に急増

Workplaceの効果

リモートワークへの移行が簡単に

新型コロナウイルス危機により、通常のオフィス環境から一時的に離れざるをえなかった行員たちは、ニュー・ノーマルに適応するための時間を必要としていました。Workplace from Facebookは、NABがこの移行を行員にとって容易なものにするのを後押ししました。Workplaceモバイルアプリの利便性と既存のツールの簡単な統合により、NABは、物理的にどこにいても、どのデバイスを使用していても、仕事が中断されることはないとチームに安心感を与えることができました。

リモートワークの結果、NABはわずか4週間でモバイルアプリのユーザー数を5,000人から15,000人に急増させました。

強いコミュニティ意識と連帯感を育む

不確実な時期には圧倒されるように感じることがあります。コミュニティ意識、オープンなコミュニケーション、連帯感を促進するために、NABは、Workplaceグループを全社的なプラットフォームとして使用し、危機に関する回答やリアルタイムの情報以上のものを提供しました。グループは、困難な時期に顧客にサービスを提供し続けていたNAB行員が、心に響くコンテンツを共有し合い、お互いのモチベーションを高める場となりました。

リモートワークに伴い、行員はこれまで以上に「自分を見てほしい」「自分の話を聞いてほしい」というニーズを感じるようになりました。Workplaceチャット、リアクション、コメントなどのインタラクティブな機能を使うと、自分の考えを気軽に共有し、双方向の会話をすることができ、離れていても一体感を生み出すことができました。

それ以来、Workplace from FacebookはNAB行員がつながり、ビジネスの最新情報から有意義なストーリーまで、あらゆるものを見つけるためのプラットフォームとなっています。そのため、現在では85%以上の行員が毎日利用しています。

透明性のある文化でリードする

またNABは、Workplace from Facebookにより、行員が経営陣に直接コンタクトをとれるようにしました。「危機の際のコミュニケーションは、多方向かつ恒常的でなければなりません。Workplace from Facebookにより、行員は銀行の経営陣に自由に質問する機会を得ました。そして、透明性と誠実さをもってすべての質問に答えることが経営陣の目標です。」と、NABの最高人材活用責任者であるSusan Ferrier氏は述べています。

CEOのRoss McEwan氏は、ライブ動画で全行員とつながってタウンホールミーティングを実施し、誰からの質問にも答えました。この経験から、NABの経営陣は、コミュニケーションラインをオープンに保ち、NABの透明性の文化を強化することについて自信をもつことができました。

「Workplace from Facebookはこの間、弊行のコミュニケーションにおいて中心的な役割を果たしました。Workplaceはすばらしいツールで、これがなかったらこの危機はどうなっていたのかと思うとぞっとします。」

'名前'

Tony Story氏

Tony Story氏、Head of Content & Digital Channels, Corporate Affairs
National Australia Bank

主な機能