Max Life

Max Life Insuranceは、インドで最大の非銀行系の生命保険会社です。大勢のフロントラインワーカーを抱え、従業員の90%が現場での仕事に従事しています。同社は、Great Place to Work Indiaの「働きたい会社トップ25」にランクインしています。

業界

保険

企業規模

15,000人

地域

アジア太平洋

課題

Max Lifeは、本社の従業員とインド全土に広がる代理店との間にある地理的、文化的な障壁を取り払いたいと考えていました。全社的にリモートワークに移行したことで、全員が意見を言い、簡単にコミュニケーションを取れるようになることが一層求められるようになりました。

Workplaceのメリット

Max Lifeの経営陣は、どこからでもすばやく簡単にメッセージにアクセスして共有し、ボトムアップのコミュニケーションを行えるプラットフォームを求めていました。Workplaceは直感的に操作できるため、本格的なトレーニングが不要であることがわかりました。従業員はすぐに操作に慣れ、あらゆる形態のコミュニケーションを安全にWorkplaceに移行することができました。

成果

91%従業員の利用率

22万1年間でのリアクション数(コメントは5万件、投稿は14,000件)

90%月間アクティブユーザー

Workplaceの効果

称賛するカルチャーの促進

リモートワークへの移行にあたり、Max LifeはWorkplace Kudos Botを導入しました。その結果、変化が激しく、先行きの見えない現況下で、同僚やチームリーダーは簡単に感謝の気持ちを伝えたり、報奨を与えたりできるようになりました。これは、同僚間やトップダウンでの報奨へとつながり、会社のカルチャーを広め、高いモチベーションを保つのに一役買っています。

離れていてもつながりを保つ

Max Lifeは、共同作業の価値を理解しています。Workplaceグループを国内全土で利用することで、プロジェクト単位での共同作業や、アイデアに関する議論、リソースの共有を安全に行っています。

オープンな組織づくりをリード

Workplaceによって従業員と経営陣が直接コミュニケーションを取れるようになったことが、会社の透明性を高めることにつながっています。ライブQ&Aを開催することで経営陣はすべての職位の従業員と交流し、さまざまなフィードバックを受け取り、メッセージのやり取りを続けられます。

影響を与え合って企業価値を高める

経営陣と従業員はさまざまなキャンペーンを通じて、自分の身に起こった出来事や課題を、Workplace投稿で全社に共有しています。これは、企業価値と部門間の結束を高め、リーダーへの信頼を築くことにつながっています。

「Max Lifeは、新型コロナウイルス感染症流行のさ中にオンライン販売へと移行して、末永く活用できる新たな収益源を獲得しました。Workplaceはこの困難な時期に、経営陣と現場のチームとの距離を縮めてくれました。このような時期に実施したこと、しなかったことが、今後10年間のビジネスを大きく左右すると思います」

V (Vishy) Viswanan氏

V (Vishy) Viswanan氏

副マネージングディレクター

主な機能