コミュニケーションとコラボレーションのための理想的なワークスタイル

50の映画館と430以上のスクリーンを展開するHOYTSは、オーストラリア・ニュージーランド地域で2番目の規模を誇る映画館チェーンです。映画館は映画愛好家が簡単にアクセスできる場所にあるものの、HOYTSの映画館同士は離れているため、同社は社内コミュニケーションに課題を抱えていました。

Workplaceの導入により、たった90日間でHOYTSのコミュニケーションの形態は効率的に変革を遂げることができました。

HOYTSの従業員数は3,300人以上。そのうち90%はシフトの異なるパートタイム勤務です。そして、各チームのメンバーの大部分はミレニアル世代です。従業員の多くには仕事用のメールアドレスが支給されていません。そのため本社や他の地域に勤務する同僚たちとコミュニケーションを図るすべはありませんでした。HOYTSは、実際現場で働く従業員と事業部で働くそのほかの従業員をつなげ、全社を通じて開かれたコミュニケーションが取れるようにすることを目指しました。

映画
3,000人以上
アジア太平洋

「Workplaceのおかげで、コミュニケーションの垣根がなくなり、従来は把握することができなかった双方向の交流が可能となりました。今では、従業員みんながニュースや大切な告知を共有し、協調しながら仕事をするようになりました。これにより組織の透明性も一層高まりました」

Jodi Paton
HOYTS、People, Performance & Culture部門ディレクター

成果

2K
アクティブな週間ユーザー数
100
アクティブな週間グループ数
390
週間投稿数
680
週間コメントと返信数

コミュニケーションの効率アップ

以前は、チームへの情報共有は各映画館のロケーションマネージャの責任でした。つまり、それぞれが独立した映画館のように効率的に機能していたということです。しかし、Workplaceを導入することにより、HOYTSは全50もの映画館をまとめ、各映画館と本社をつなげるという前例にないことを行ったのです。

今では、すべての映画館の従業員たちは、会社の全体的なグループやニュースフィードを通じて、本部からの社内アップデートに簡単にアクセスできるようになりました。また、Workplaceチャットを使ってすぐにつながることもできます。Workplaceのモバイルアプリにより、現場の従業員たちはモバイルデバイスを使ってどこからでも簡単にアップデートやメッセージを確認できるようになりました。Facebookにはすっかり慣れ親しんでいるミレニアル世代にはWorkplaceは大好評で、おかげで特別なトレーニングさえ必要とされませんでした。

コラボレーションを通じてさらに高いスタンダードとよりよい体験を追求

ニュースやアップデートの共有だけの利用にとどまらず、Workplaceはコラボレーションの中枢的な存在になりました。従業員たちは、チームや全映画館のグループに、知恵や業務の成功例を共有したり、面白いアイデアを提案したりしています。映画ローンチのためのプロモーション案や映画館での物販についてのディスカッションはいつも白熱します。大勢に向けてアイデアを提案する機会など今まではなかった従業員が、今では大きなコミュニティに対して提案を行い、同僚たちからフィードバックや励ましを受けるようになりました。このようにしてHOYTSは、イノベーショナルな社内文化、一貫性、全映画館における優れた顧客サービスを実現したのです。

従業員同士のつながりを生み出す

HOYTSにおけるプロセス改善という役目以上に、Workplaceは従業員がお互いについて知るためにアクセスするチャンネルとなりました。このコミュニティに対する意識は、チームのモラルを向上させ、より強く、より生産的な社風を確立させました。映画館の間で、健康コンテストまで開催されたほどです。

かつては声の届かないところにいると思われていた本部のリーダーたちも、今では映画館という現場で働くチームメンバーと直接コミュニケーションをとることが可能となりました。また現場側からコミュニケーションを発することもあります。会社の構造も、以前よりフラットでつながりを感じられるようになりました。従業員たちは、写真、GIF、ビデオ、ライブ動画などを駆使して互いにコミュニケーションをとり、仕事をより魅力的で楽しいものにしています。


主な機能

グループ

すでに使用しているツールと統合できます。

Workplaceチャット

インスタントメッセージとビデオ通話で意思決定を迅速に。

ライブ動画

チームとコミュニケーションを取るのに最も信頼できる方法です。

ニュースフィード

自分にとって関心のある情報を常に把握できます。