世界的なパンデミックの最中に社員同士をつなぐ

Harris Farm Marketsは、オーストラリアの人々に食を楽しんでもらうことを使命としています。創業から50年以上が経ち、現在ではオーストラリア国内に26店舗を展開し、2,600人以上の社員を抱えるまでに成長しました。

Workplaceの利点

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行下で、情報を迅速に(かつ多言語で)伝えてチームを1つにまとめ、ストレスのたまる多忙な時期に社員をサポートすることは、同社にとって絶対不可欠でした。

すぐに展開できるモバイルファーストのソリューションであり、直感的に使える機能を備え、会社のメールアドレスを持たない社員でも利用できるという理由から、同社はWorkplaceを選択しました。Workplaceでは、多様性豊かな社員のためにコンテンツを自動的に翻訳することもできます。

小売り
2,600人以上
アジア太平洋

「Workplaceはチーム間や個人間の迅速なコミュニケーションを可能にしてくれました。これは刻々と変化する状況において極めて重要です。また、投稿やチャットメッセージ、CEOとのライブQ&Aセッションによってチームに新型コロナウイルス感染症に関する重要な最新情報を伝えられるようになりました」

Nichol Trueman
Harris Farm Markets、ピープル&カルチャー部門責任者

成果

57%
2営業日以内にアカウントを作成した社員の割合
80%
1週間以内に利用を開始した社員の割合
37K+
851人の社員が28日間に作成したメッセージの数

困難な時期にコミュニケーションを強化

Workplaceでの投稿とライブ動画により、ソーシャルディスタンスのベストプラクティスや店舗単位の要件といった重要な情報について、スピード感のあるコミュニケーションを全社的に実現できました。これはロックダウンの時期においては極めて重要でした。

勤務地を超えて社員をまとめる

Workplaceによって、国内のさまざまな地域にいる社員が毎週のコンテストや自分の言葉によるストーリーテリングを通じてつながりを保つことができました。メンタルヘルスや心身の健康、リモートワークに関するキャンペーンも行われました。

評価を通じて社員エンゲージメントを促進

同社は、Workplaceで評価の投稿を行うことで、個人やチームの達成した業績を社内で幅広く共有しました。これは困難な時期にカルチャーを強固なものにするために特に重要です。


主な機能

ライブ動画

対面に近い感覚でチームとコミュニケーションを取ることができます。

Workplaceチャット

インスタントメッセージとビデオ通話で意思決定を迅速に行うことができます。

ニュースフィード

必要な情報を逃さずチェックできます。