GovTech

経営陣と職員をつなげる

業種

政府関係

地域

アジア太平洋

Government Technology Agency - シンガポール(GovTech)は、2016年の再編成を経て、公的機関のデジタルトランスフォーメーションをリードするために組織されました。GovTechでは、60サイトを管理するチームの作業を効率化し、連携を容易にする必要がありました。

GovTechはデジタルトランスフォーメーションの推進段階で、チーム同士が協力し、インスピレーションを与え合いながら組織のビジョン、ミッション、価値観を作り上げていけるモバイルプラットフォームを求めていました。

Workplaceの効果

デジタルトランスフォーメーションの取り組みに職員を参加させる

GovTechはWorkplaceを活用して今後のビジョンを共有し、新たなアイデンティティを生み出すべく、社員に協力を呼びかけています。レクリエーションクラブの名前とロゴを決める際には、Workplaceアンケート機能が役立ちました。

インスピレーションを共有する

GovTechは最新情報を共有し、組織の価値観を体現する人々のインスピレーションあふれるストーリーをまとめています。Workplaceを通してリーダーは、「舞台裏」の人々の活躍を知ることができます。

スレッドへの自発的な参加

より対象が絞られた自然な社内コミュニケーションが実現します。メールよりもWorkplaceの投稿のほうが、職員一人ひとりが気軽にコメントしたり反応したりできます。

リーダーが身近な存在に

リーダーはWorkplaceを使って個人的な考えや意見を投稿できます。たとえばCEOであるJacqueline Poh氏は、故シンガポール大統領、S. R. Nathan氏に贈る感動的な追悼文を投稿しました。

「Workplaceのおかげで組織内の壁が取り払われ、皆が一丸となって組織のミッションに力を注げるようになりました。目の前のさまざまな課題に取り組むにあたって全社員が簡単にコミュニケーションを取り合い、コラボレーションし、団結できるようになったのです」

Jacqueline Poh氏

Jacqueline Poh氏

CEO

主な機能

アカウントを作成

メールアドレス