Fusemachines

グローバルチームのコミュニケーションを70%改善

業界

IT

企業規模

175

地域

北米およびアジア

Fusemachines Inc.は人工知能をビジネスに展開しています。同社は育成とトレーニングによりAIスペシャリストを培うことで、次世代のAI駆動型ソリューションだけでなく、それを実装する人材も顧客組織に提供しています。

Workplaceの効果

異なるタイムゾーン間のチームコラボレーションの容易性を5倍改善

ニューヨーク、カトマンズ、カナダ、ドミニカ共和国に点在するチームが日々の連携作業における部門内・部門間のコミュニケーション手段としてメールに依存していることは、 Fusemachinesにとって深刻な懸念となっていました。Workplaceが実現したコミュニケーション、プロジェクト管理、アセット共有、フィードバック収集の中央化により、世界各地に分散されたチームのコラボレーションの容易性を5倍改善しました。

Workplaceチャットとライブ動画の展開によりコミュニケーションが70%改善

Workplaceにイベントをライブストリーミングすることで、世界各地のすべての従業員がリアルタイムでイベントに参加できるようになりました。Workplaceチャットでは、一対一でスタッフがつながることができ、グループレベルでのオープンなコミュニケーションを可能にしています。Workplaceモバイルアプリも導入率が非常に高く、他部門へのライフラインとして積極的に活用されています。

幹部役員の関与と文化多様性の促進

幹部役員たちもWorkplaceを活用して従業員とつながり、直接指導したり、企業優先事項の実施を促したりしています。世界4拠点に点在するオフィスで働くスタッフたちは文化多様性に富んでいます。FusemachinesはWorkplaceを通じて企業全体の共通文化を築き、従業員やチームの一致団結を図っています。

「Workplaceは、物理的に分散したオフィスをつなげる重要な役割を担っています。業務に関する連絡をやり取りするためだけでなく、企業での社会的なつながりを促すハブとして活躍しています。従業員は誕生日会や社員旅行の写真や動画をシェアしたりしています。リーダーシップチームもWorkplaceを活用して、長期ビジョンや大事な出来事をシェアしたり、四半期別KPIを設定したりしています。」

Sameer Maskey氏

Sameer Maskey氏

Fusemachines、CEO兼創業者

主な機能

今すぐダウンロード

アカウントを作成

メールアドレス