DNB

よりフラットでスリムな会社へ

業種

銀行サービス

組織規模

11,000人以上

地域

EMEA

DNB ASAはノルウェー最大手の金融サービスグループです。競合他社は他の銀行だけではありません。刻々と変化を続けるデジタル経済の中で、DNBも迅速に動く必要がありました。

従来のトップダウン型のコミュニケーションでは意思決定に時間がかかります。DNBはアイデアを共有し、迅速に動いて、若年層の働き手たちを引きつけるような新しい企業文化を欲していました。

顧客は、DNBにデジタルリテラシーが高い企業になることを期待しています。Workplaceを導入することで、全社員がリアルタイムのデジタルコミュニケーションに慣れ親しむようになりました。

結果

社員アンケートでは74%が、Workplaceにより知識の共有や社内の動きの把握が容易になったと回答

90%が、Workplaceは社内コミュニケーションツールとして優れていると回答。このうちの半数以上はモバイルでWorkplaceを利用

Workplaceの効果

カスタマーサポートの担当者は、チームのグループに投稿して経営陣からのアドバイスを得ることで、困難な問題解決に役立てることができました。グループにより上下関係の壁が取り払われ、コミュニケーションをとりやすくなっています。

シニアマネージャーはチームのディスカッション用グループを作り、メンバー全員が等しく情報を共有できるようにしています。

メールに代わりWorkplaceチャットを利用することで意思決定が迅速になりました。

社内のフラット化とスリム化を実現し、DNBはスピーディーな動きに対応できる企業になりました。

「Workplaceのおかげで社内の意思決定がスピードアップし、顧客のニーズに迅速に対応できるようになりました」

Nina Hareide-Larsen氏

Nina Hareide-Larsen氏

コーポレートコミュニケーション担当上級副社長

主な機能

アカウントを作成

メールアドレス