Countdown

サプライチェーンに関わるすべての人とチームをつなげる

業界

小売

企業規模

18,000人

地域

アジア太平洋

Countdown Supermarketsはニュージーランドで最大級の雇用者数を誇り、全国で展開するスーパーマーケットをはじめ、サポートオフィスや配送センター、精肉および水産加工工場で1万8,000人を超えるチームメンバーが働いています。181あるCountdownの店舗には、毎週300万人近くの顧客が来店しています。

Countdownのチームは全国に散らばっているため、適切な相手に適切なメッセージを迅速に伝えられるようにする必要がありました。Workplaceの導入前は、オンラインで定期的に社内コミュニケーションを行っていた従業員は15%にすぎませんでした。つまり、従来のコミュニケーションチャネルでは従業員同士の連携が図れていなかったということです。

Workplaceは導入後すぐにCountdownでのチームコラボレーションに欠かせないツールになりました。Workplaceを使用するかどうかは各チームに任されていますが、現在、全従業員の80%近くが使用しています。

成果

5倍6週間で、Workplaceでのコミュニケーションの閲覧数が従来のコミュニケーションチャネルと比べて増加

Workplaceの効果

透明性とチームワークの向上

これまでは、夜間の嵐など農作物のサプライチェーンに影響を与える不測の事態が発生すると、入荷不足についてのお知らせがサポートオフィスからグループメールで店舗に送信され、それをプリントアウトしたものが店舗チームに配布されていました。この方法は、店舗とサポートオフィスの間で頻繁に摩擦が起きる原因となっていました。

Workplaceの導入により、サプライチェーンに関わるすべての人がつながるようになりました。その結果、仕入れチームはサプライヤーを訪問して商品の写真と共に現状の説明をアップロードし、開店前に店舗チームに伝えることができます。透明性が向上したことにより、店舗チームと本社オフィスとの意思疎通が格段にスムーズになりました。

パン製造にボットを活用

Countdownの店舗では、職人が店内で焼いたパン、マフィン、ケーキが毎日店の棚に並べられています。これまでレシピを見たり共有したりするのは簡単ではありませんでした。Workplaceの導入前は、共有コンピューターにログインし、レシピが保存されているイントラネットでレシピを探し、プリントアウトしてキッチンに持ち帰る必要がありました。

そこでCountdownは、WorkplaceでBakery Botというシンプルなチャットボットを作成し、このプロセスを大幅に簡略化しました。Bakery Botにより、食品チームのメンバー全員がすべてのレシピを手元に置き、ボットに尋ねるだけで必要なレシピを見つけられるようになりました。Bakery Botは、従業員の時間とエネルギーを節約するだけでなく、顧客に安定した品質の商品を提供し、さらには食品の無駄をなくすことで会社にとってはコスト削減にもつながっています。

経営陣と店舗スタッフをつなげる

導入からわずか6週間で、Workplaceでのコミュニケーションは、Countdownでそれ以前に使われていたコミュニケーションチャネルよりも閲覧数がはるかに多くなりました。Internal Communications ManagerのDaniel Chasemore氏は、Workplaceの導入が成功した理由の1つとして、直観的に操作できるため仕事用のツールのような感じがしない点を挙げています。

Workplaceは経営陣と店舗チームのギャップを埋め、サポートオフィスで働く人と顧客に直接サービスを提供する人をつなげることに成功しました。50店舗を管理するゾーンマネージャーは、各店舗をバーチャルに訪問できるようになりました。また、店舗チームが優れたカスタマーエクスペリエンスのストーリーをシェアすることで、サポートオフィスチームがCountdownの存在意義をより身近に感じることができるようになりました。その上で各チームはカスタマーサービスをさらに改善するためのアイディアを出し合っています。コラボレーション、称賛、シェアを可能にするWorkplaceは、チームエンゲージメントと仕事の満足度を大きく高めました。

「大規模かつ多様性に富む当社のチームはWorkplaceによってつながっています。 Workplaceを導入したことで社内の風通しがよくなり、物事をスピーディーに実現できるようになりました。操作が簡単で、自然に使いこなせるため、店舗でのよりよい顧客サービスの提供にも役立っています」

Dan Chasemore氏

Daniel Chasemore氏

Countdown、Internal Communications Manager

主な機能

アカウントを作成

メールアドレス