多くの人は自動化と聞いたときに、請求書の処理などの退屈なタスクを引き継ぐテクノロジーや、人々の仕事を奪おうとしているロボットといったことを思い浮かべるでしょう。

しかし、現実はさらに多くのニュアンスを含んでいます。職場での自動化がより高度になるに伴い、実際に仕事の未来に影響を及ぼすようになっています。

企業で自動化を使用すると、タスクを簡素化して、時間とコストを節約できる

企業で自動化を使用すると、タスクを簡素化して、時間とコストを節約できる

企業での自動化は、さまざまなタスクを簡素化して、時間とコストを節約できるようにします。また、従業員体験を向上させ、より優れたサービスをお客様に提供します。

ここでは、普及が進んでいるいくつかのタイプの自動化と、その影響について詳しく説明します。

従業員の分析

従業員の分析

現在の企業は、従業員に関する非常に有用なデータを大量に保有しています。そして、その情報は、処理に時間と手間がかかるため、常に有効に利用されているわけではありません。しかし現在、自動化ツールにより、それらのすべての情報を掘り下げて調べ、重要なインサイトをハイライトできるため、人事チームはそのインサイトを利用して、スタッフのエンゲージメントとモチベーションを高めることができます。

求人ツール

求人ツール

すべての企業は、適材適所を実現することの重要性とその難しさを認識しています。現在、職場での自動化は、以前は膨大だったタスクをはるかに簡素化しています。

71%の社員は、応募者トラッキングソフトウェアにより候補者の体験を改善できたと述べている

71%の社員は、応募者トラッキングソフトウェアにより候補者の体験を改善できたと述べている

求人ツールを使用すると、応募者のCVに記載されている特定のキーワードを検索して、数千人の応募者を最も好ましい数人に絞り込むことができます。また、社員はそのプロセスのすべてのステップで応募者と連絡を取り続けることができるため、応募者は気持ちが落ち着き、会社に対して全体的に好印象を持つようになります。

CareerBuilderの調査は、71%の社員が応募者トラッキングソフトウェアにより候補者の体験を改善できたことを示しています。

新しいスタッフのオンボーディング

新しいスタッフのオンボーディング

新しいスタッフのオンボーディングプロセスには、時間と手間がかかる可能性があります。自動化はそれを変えることができます。企業では、さまざまなタイプのソフトウェアを利用して、新入社員のために関連するすべてのアカウントを設定したり、必要なドキュメントや手順を案内したりすることができます。

Workplaceのボットは、新入社員に始める必要があることを自動的に通知できる

Workplaceのボットは、新入社員に始める必要があることを自動的に通知できる

Workplaceなどのプラットフォーム内のボットは、新入社員が業務のスピードにすばやく対応できるようにします。マーケットリサーチ会社であるCritical Mixは、Aimeと呼ばれるボットを使用してWorkplaceチャットで新入社員に必要なすべての書類を提供しています。また、Aimeは追加機能として、フォームを通じて社員と会話したり、よくある質問に回答したりできます。

カスタマーサポート

カスタマーサポート

現在、お客様は24時間対応のサポートを求めています。自動化により、組織は質問や懸念事項にいつでも簡単に対応できるようになります。

社員が就寝しているときにはボットが、現場でサポートを提供できます。他にも、電話やメールを介して自動化されたフォローアップをスケジュールして、心のこもった対応を提供できるツールもあります。

ヘルプデスク

ヘルプデスク

職場での自動化は、お客様の懸念だけでなく、それ以上のことに対処できるようにします。自動化されたヘルプデスクにより、休日出勤手当、ゲストWi-Fiでのログイン、コンピューターの基本的な問題などに関する社員の質問に対応できるようになります。

そのため、ITチームと人事チームは、ビジネスに不可欠なタスクに集中することが可能になります。

マーケティング

マーケティング

マーケティングは、企業がプレッシャーにさらされているときにマイナスの影響を受ける可能性のある領域です。しかし、メールを送信したり、ソーシャルメディアに対して更新を行ったりする自動化ツールを使用すると、どのように忙しい状況であっても、マーケティング活動を前進させ続けることができます。

高度な自動化は、メーリングリストに大量のメールを送信したり、フォロワーに不要な情報を提供したりしません。

自動化は、その過程で連絡先を充実させ、関連性の高いパーソナライズされたコンテンツを適切なタイミングで連絡先に送信できるようにします。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

ARとVRがより良い職場作りに貢献できる4つの分野

ARとVRは、未来の働き方を変えようとしています。これがあなたの部門にとって何を意味するのかを見てみましょう。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

仕事の最新情報を社員に共有する4つの効果的な方法

組織が大規模な場合や社員がリモートワークをしている場合は特に、業務の最新情報はきわめて重要となります。社員に継続的に情報を提供する方法をご紹介します。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

Workplaceを使用して多くのコラボレーションツールを統合する方法

Workplaceで会社間グループを使用すると、チームは、セキュアな場所でプロジェクトを外部のチームと共有できます。Workplaceを使用してコラボレーションツールを統合する方法を説明します