そこで、Workplaceについて皆さんが感じていると思われる、おそらく聞きづらい10個の疑問を集めました。これらの点について、さらに詳しくお知りになりたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

1. Workplaceを使うには、相当なトレーニングが必要ですか?

1. Workplaceを使うには、相当なトレーニングが必要ですか?

いいえ、必要ありません。Facebookの開発で得られたユーザーインターフェイスに関する知見をもとに構築されたプラットフォームなので、直感的で、1日目から簡単に使えます。Facebookは月間で20億人以上に利用されているため、おそらく社員の多くがためらいなく使い始め、すぐに投稿、グループへの参加、ニュースフィードのチェックができるようになるでしょう。

2. Workplaceは単なる社内ソーシャルネットワークですか?

2. Workplaceは単なる社内ソーシャルネットワークですか?

いいえ。Workplaceは透明性の高い双方向のコミュニケーションを実現してカルチャーを変えるのに効果的な手段ですが、本来は業務を行うためのものです。

‘本来は業務を行うためのものです’

Workplaceが目指すのは業務の効率化、迅速化、連携の促進であり、そのために会社間グループ(社員が顧客、ベンダー、フリーランサーとコラボレーションできる共有スペース)、手作業のタスクを自動化するボットや、Dropbox、Quip、Office 365、G-Suiteなどとの連携といったツールがあります。

3. ほかの企業もWorkplaceを利用していますか?

3. ほかの企業もWorkplaceを利用していますか?

もちろんです。現在、世界中で3万を超える組織がWorkplaceを利用しています。すばらしいのは、利用組織が多様であることです。Workplaceは、スターバックスのような大企業にも、Blackberry Farmのような中小ビジネスにも適しています。

‘Workplaceは汎用性が高いため、いかなる組織にとっても利用価値があります’

また、SeaOilのような実績のある企業にも、FarFetchのような新興企業にも適しています。Workplaceは汎用性が高いため、いかなる組織にとっても利用価値があります。

4. 高いですよね?

4. 高いですよね?

朗報があります。今なら、Workplaceプレミアムを無料でお試しいただけます。試してみて気に入った場合は、毎月実際に利用する人数分だけお支払いいただきます。(ただし、おそらく全員になるでしょう。)それでも、Workplaceの価格モデルは競争力があります。1ユーザー1か月あたり$3の固定料金のみをお支払いいただく、良心的でシンプルな価格です。

5. 当社のデータはどのように扱われますか?

5. 当社のデータはどのように扱われますか?

重要なポイントですので、明確にしておきましょう。WorkplaceはFacebookから独立して運営されています。利用者のFacebookアカウントを使うのではなく、Workplaceのユーザーアカウントを別途作成します。Workplaceプレミアムをご利用の場合、貴社でデータを管理し、アクセスできるユーザーも完全に管理できます。

‘重要なポイントですので、明確にしておきましょう。WorkplaceはFacebookから独立して運営されています’

Workplaceでは、貴社へのサービス提供や、請求、レポート、有益なインサイトに基づく製品改善を目的として、このデータを利用します。詳細を確認したい場合は、利用規約にすべて記載されています。要点は、貴社がシェアするデータは貴社が所有および管理するということです。

6. 自分の情報が保護されているか確認する方法は?

6. 自分の情報が保護されているか確認する方法は?

Workplaceでは安全性を非常に重視しています。そのため、国際標準化機構の情報セキュリティ認証であるISO27001を取得しています。Workplaceでは世界トップレベルのエンジニアたちが24時間体制で勤務し、Workplaceを貴社にとって可能な限り安全な環境とするよう努めています。Workplaceのセキュリティの原則と認証について、詳しくはこちらをご覧ください。

7. Workplaceは、今どきの新しいテクノロジー製品ですか?

7. Workplaceは、今どきの新しいテクノロジー製品ですか?

これは、Workplaceが今後、人々を感心させるような一種の次世代ITプラットフォームになっていくのか、というご質問かと思います。その場合、答えは間違いなく「はい」です。Workplaceの最も優れている点は(動画、チャット、統合なども優れていますが)、企業におけるあらゆる種類の重要な(退屈でもある)タスク、例えば出張申請、請求、会議室予約などを自動化できることです。Workplaceはこのために、AIを利用して業務を行う小さなプログラムであるチャットボットを使用します。

8. Workplaceはオフィス勤務者向けですか?

8. Workplaceはオフィス勤務者向けですか?

Workplaceはすべての人のためのツールです。誰もが対象です。トップダウンのコミュニケーションをよりオープンでインタラクティブに行いたいCEOにも適しています。

‘Workplaceはすべての人のためのツールです。誰もが対象です’

グローバルチームが1か所に集まるためにも適しています。しかし、Workplaceが最も適しているのはモバイルワーカーです。モバイル向けに、すべてのツールやアプリケーションが外出中に使いやすく作られています。Workplaceの真価は、チーム単位ではなく、会社全体を1つにまとめる点にあります。

9. 送るメールの量は減りませんよね?

9. 送るメールの量は減りませんよね?

これは場合によります。しかしWorkplaceはモバイル向けに作られているため、外出中に好まれるコミュニケーション方法を全面的に採り入れています。
‘小さなキーボードに業を煮やすことは、もうありません’

不自然なテキストを使うのではなく、動画、写真、GIF、絵文字、ステッカーを使います。Workplaceチャットでは、ボタンをタッチするだけでこれらすべてを利用できるため、小さなキーボードに業を煮やすことは、もうありません。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

生産性チェック: そのミーティングは本当に必要ですか?

ミーティングは時間を消費します。実際に、ディレクターやマネージャは非生産的なミーティングに平均で週2.5時間を費やしています。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

ワークコラボレーション用ツール3選

現在ビジネスの世界では、効果的なコラボレーションを支援するさまざまなオンラインツールが使用されています。一番合うものを探しましょう。

ビジネスコミュニケーション | 所要時間: 10分

Workplaceが新世代のCIOをサポートする理由

FacebookのCIOであるAtish Baerjeaに、CIOの役割が今どのように変化しているのか、またWorkplaceがどのようにCIOをサポートできるかについて話を聞きます。