IDCのMarketScapeが評価した、コラボレーションとコミュニティにおける新しいリーダーをご紹介

IDCのMarketScapeによるグローバルなベンダー評価で、Workplaceがコミュニティの構築と連携に貢献することが示されています。

WORKPLACEニュース | 所要時間: 2分

世界がパンデミックに突入して以降、企業・組織は、メンバー間のコミュニケーションと共同作業に必要なツールの見直しを迫られています。これは簡単なことではありません。コミュニケーションプラットフォームとコラボレーションソフトウェアのバランスはどうとればよいのでしょうか。長期にわたって利用でき、オフィスでも自宅でも現場でもメンバーが卓越した生産性を発揮できるツールを選ぶにはどうすればよいのでしょうか。

こうした問いがIDCから新たに公表されたMarketScapeベンダー評価で投げかけられ、同評価においてWorkplace from Metaがコラボレーションとコミュニティの分野でリーダーの位置付けを獲得しました。

MarketScapeによるベンダー評価では、厳密な評価手法に基づき、12のビジネスソリューションの性能が検証されました。分析レポートにおいて、Workplaceは次のような強みを備えているとしてリーダーの位置付けを獲得しています。

  • Workplaceを使用するにあたって、ほとんどの人はトレーニングを必要としません。そのため、導入を迅速に進められます。10万人超のユーザーを抱えた顧客の数が増えていることからも、この効果は明らかです。

  • グループと情報ライブラリを活用することで、社員は会社の知識を簡単に取得したり、アクセスしたりできます。これにより、既存の操作しづらいポータルを、使用デバイスの種類を問わずアクセスが可能で、統一された真の情報源である情報ライブラリに置き換えることができます。また、従来のイントラネットを見つけやすいコンテンツに置き換えたり、管理者がエンゲージメントを許可したりすることもできます。

  • 双方向の対話が可能な点は魅力的で、情報の拡散にとどまらず、ビジネスに関わるすべての人が声を上げるためのツールとして機能します。

  • ライブビデオはニュースや情報を伝達すると同時に、リーダーシップのコミュニケーションの影響力を定量化して確実に継続的な改善を図れる、最も信頼できる方法です。

IDCのMarketScapeがWorkplaceを推奨している理由は次のとおりです。「職場でコミュニティを構築したい場合、イントラネットコンテンツをアクセスしやすいコンテンツに置き換えたい場合、フィードバックとエンゲージメントを全社レベルできめ細やかに推進できるコンテンツを作成したい場合、そして経営幹部がビデオを発信することで、メッセージを組織内のすべての人に確実に届け、皆に関与してもらいたい場合、Workplaceは検討する価値がある」。

抜粋はこちらからご覧ください。

登録してニュースルームの最新情報を受け取る

弊社とつながり、Workplaceのユーザーや製品に関する精選された最新ニュースを入手しましょう。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなどマーケティング関連のメールを弊社から受け取ることに同意したことになります。ただし、いつでも同意を取り消してそのようなメールの購読を停止できます。また、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。

関連情報

Workplaceは従業員経験を向上させるとFrost & Sullivanが高く評価

詳しくはこちら
この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

関連情報

Workplaceは従業員経験を向上させるとFrost & Sullivanが高く評価

詳しくはこちら

最近の投稿

製品ニュース | 所要時間: 3分

Microsoft Teamsとの新しい連携機能に関するお知らせ

WorkplaceからTeamsに重要な情報を共有できるようになりました。2022年には、Teamsの会議をWorkplaceにストリーミング配信する機能も登場します。

カスタマーニュース | 所要時間: 3分

Vodafone、Workplaceでつながりを再構築

Workplaceは今後3年間にわたり、Vodafoneの社員が距離の壁を越えてつながれるよう引き続きサポートします。

製品ニュース | 所要時間: 3分

Workplaceにモバイルセキュリティ機能が追加

モバイルセキュリティ機能によって、社員がどこで仕事をしていても、安全を確保しやすくなります。