より良い職場環境を作る8つの方法

私たちは人生の約3分の1を仕事に費やします。そのため、職場が安心して快適に働ける場所であることは重要です。ここでは、より良い職場環境を作るための方法をいくつかご紹介します。

カルチャー | 所要時間: 4分
better workplace - Workplace from Meta

いつも変わらず仕事を楽しむことは不可能ですが、働く環境とそれにまつわる職場文化は、仕事と同僚に対する感情に大きな影響を与えます。

ここ数年、パンデミックの影響で多くの人がリモートで働いていました。しかし現在、多くの企業がオフィスワークへの復帰を促しています。

世界では10社に7社がオフィス復帰を果たしている一方、社員のオフィス復帰に苦労している企業もあるようです。マネージャやリーダーが社員の復帰意欲を高める方法の1つは、職場環境を改善し、働きやすい職場を作ることです。

ここでは、ビジネスコミュニケーション、社員エンゲージメント、および生産性を促進する職場環境を作るための7つの方法をご紹介します。

世界のHR部門のリーダーに聞く、企業文化を構築する方法

エキスパート6名からのアドバイスをダウンロードして、社員のエンゲージメントと企業カルチャーの関係について理解を深めてください。

1.ハイブリッドワークを検討する
1.ハイブリッドワークを検討する

ハイブリッドワークは社員に最も人気の高い選択肢で、英国の労働者の47%が好ましいモデルであると回答しています。したがって、雇用主は職場環境を改善する方法を考える際に、このモデルについて検討する必要があります。社員が出社を考えるのは、同僚と一緒に作業したり、交流したりしたい場合です。そのため、快適な休憩スペースや会議室を用意し、そこで社員がつながりを築き直したり、アイデアを共有したりできるようにしましょう。

2.職場改善の提案を受け入れる
2.職場改善の提案を受け入れる

社員にアンケートを実施し、職場環境を改善するにはどうすればよいか尋ねてみましょう。そうすることで、社員が本当に望んでいる改善に投資することができます。また、どの提案を実施したかをフォローアップして示すようにしましょう。

3.コミュニケーションが途絶えない職場を作る
3.コミュニケーションが途絶えない職場を作る

キーボードを叩く音が絶え間なく続くほかは、たまにため息が聞こえるだけといった職場ほど最悪なものはありません。あまりに静かで話すのをためらう、いわゆる「ピンドロップ症候群」は多くの社員の悩みの種です。社員同士の会話を促す対策を講じましょう。

くつろいで雑談できるエリアを職場に設けてもよいでしょう。昼食を取りながら近況を話し合ったり、次のプロジェクトについてアイデアを交換したりできる場所になるかもしれません。そしてもちろん、社内コミュニケーションは必ずしも対面である必要はありません。

テクノロジーを活用すれば、どこで仕事をしていても会話を続けることができます。ハイブリッドチームには、ビデオ通話やライブ配信を利用して会話を続け、動画エンゲージメントのあらゆるメリットを活用するよう促しましょう。

社員同士のコミュニケーションだけではありません。社員とマネージャとの会話が増えれば、社員は職場で快適に過ごせるようになります。そのため、オンラインでも対面でも門戸を開放しておき、定期的に状況確認を行えるようにしましょう。

4.運動を奨励する
4.運動を奨励する

運動は健康、気分、生産性の向上に役立ちます。社員に運動を奨励しましょう。デスクワークがメインの会社であれば、休憩を取って歩き回ることをすすめてください。

独創的なことを始めようと思うなら、ペット同伴可としてみてはどうでしょうか。犬を連れて近所を散歩することは、休憩してくつろぐのに最適な方法として人気があり、社員の94%がオフィスにペットを同伴するというアイデアを気に入っています。

また、職場にペットがいると、ストレスレベルが下がり、居心地の良い環境になることもわかっています。

5.感謝の気持ちを示す
5.感謝の気持ちを示す

誰でも褒められたいと思うのは当然のことです。良い仕事をしていると伝えることは、社員の意欲を高めるための優れた方法です。また、優れた職場文化と社内コミュニケーションの構築に重要な役割を果たす場合もあります。

そのためにテクノロジーも活用できます。コミュニケーションプラットフォームとスペシャリストの評価・報酬ツールを統合してみましょう。Recognizeのようなアプリを使うと、スクリーンやシステムを入れ替えなくても簡単に感謝の気持ちを表すことができます。また、優れた人材を確保したり、組織の価値観を伝えたりするのにも役立ちます。

サマーパーティーやクリスマスパーティーは、楽しい表彰式を開いて社員の仕事を評価するのに最適な機会と言えます。評価と感謝の文化があると、社員は評価されていることがわかり、長く組織にとどまりたいという意欲が高まります。

6.自宅のような職場を作る
6.自宅のような職場を作る

最新のアプローチによる職場の設計は、社員の満足度を高める重要な要素です。社員が落ち着ける物理的に快適な空間は、気分を高め、毎日の職場環境の質を向上させるのに役立ちます。

オフィスの家具には人間工学に基づいた快適なものを選び、植物も取り入れてみましょう。植物には、気分や生産性を高める効果があります。

オフィスの外には、スタッフが一休みして、飲み物を手に同僚と情報交換できるような休憩エリアを多数設けます。

7.光を有効活用する
7.光を有効活用する

職場で自然光を浴びることは効率や睡眠の質の向上と関連しており、これが不足すると緊張感や孤独感の一因となります。

自然光を活かした作業スペースを設計しましょう。作業スペースに自然光が届かない場合は、照明に昼光色電球を使って雰囲気が明るくなるようにしてみましょう。

冬期には、SADランプを導入するのもよいでしょう。SADランプは光療法を使って太陽光を再現するもので、季節性情動障害の人に特に効果があります。

8.一緒に楽しむ
8.一緒に楽しむ

働き過ぎは生産性の低下につながる傾向があるため、娯楽の時間を確保しましょう。チームが息抜きして結束する機会となるようなアクティビティを勤務時間外に企画するとよいでしょう。

その簡単な方法の1つは、仕事中に食べられるスナックやバーチャルでのティーブレイクを用意することです。オフィスやオンラインで社員がくつろいで交流できるようにすることは、職場での交流を活性化し、職場環境を改善するための昔からある簡単な方法です。

その他のニュース:

関連情報

Workplaceニュースルームで、顧客やパートナーの最新情報をご覧いただけます。

詳しくはこちら
この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

関連情報

Workplaceニュースルームで、顧客やパートナーの最新情報をご覧いただけます。

詳しくはこちら

最近の投稿

文化 | 所要時間: 11分

職場文化: ポジティブな文化を築き、生産性を高める方法

ハイブリッドワークとリモートワークが一般的になった今、職場文化がますます重要になっています。職場文化の意味と、改善方法についてご説明します。

カルチャー | 所要時間: 8分

組織の価値観とは何か、なぜそれが重要なのか

組織の価値観とは、社員に指針を与え、顧客がビジネスに信頼を置く根拠となるものです。組織の価値観を構築して伝える方法について説明します。

カルチャー | 所要時間: 8分

組織文化の4タイプ: ビジネスに最適なタイプを見極める

ビジネスのアイデンティティは、組織文化のユニークな組み合わせによって構成されます。組織文化を見極め、その強みを活かす方法について説明します。