ビジネスコラボレーションにおける9つの重要なポイント

つながり構築やビジネスコラボレーションのためのツールが進化し、他の組織との協業が今まで以上に進めやすくなっています。では、新たなコラボレーション相手を探す際は何に着目すればよいのでしょうか?

チームのコラボレーション | 所要時間: 2分
business collaboration - Workplace from Meta

他社とコラボレーションする際に考えるべきポイント

社内においてチームのコラボレーションは不可欠です。それは社外の人と協働する場合も同様です。

影響力を持つ多くの組織がこうしたビジネスのコラボレーションとパートナーシップを競争力獲得の手段と考え、長期の正式な契約を結んだり、単発プロジェクトでコラボレーションしたりしています。

求めているパートナーシップがどのようなものであれ、他社との協業は、ビジネスの拡大にも、価値の付加や新しいスキルの獲得にも役立ちます。

Workplaceで業務を簡素化

オフィス勤務再開の周知からハイブリッドワークの導入まで、Workplaceは業務を簡素化します。

コラボレーション相手の選定

コラボレーション相手の選定

組織によっては、適切なコラボレーション相手がすぐに分かるかもしれません。そうでない場合、パートナー候補を見つけるためには、ある程度の戦略的思考が必要です。

いずれにせよ、コラボレーション相手を探す際に考慮すべき基本的なポイントがいくつかあります。

共通の目標

共通の目標

コラボレーションによって目指すところについて双方が異なる考えを持っていては、うまく行きません。最初から双方が共通の認識を持っている必要があります。また、共通の最終目標も必要です。これがコラボレーション全体にわたり、ビジネスの意思決定や調整を行う際の指針となります。

価値観の共有

価値観の共有

考え方が似ていれば摩擦が少なくなり、発展や革新の可能性が広がります。つまり、メンバー間でビジネスの価値観を共有していれば、コラボレーションははるかに円滑になります。

スキルの補完

スキルの補完

コラボレーションの大きなメリットの1つは、パートナーのスキルやリソースを活用してバリュープロポジションを強化できることです。

この補完関係が適切でないと、コラボレーションに滞りが生じるかもしれません。

相互の信頼

相互の信頼

コラボレーションとは、共同で仕事を進めるということです。そのためには、ある程度の相互の信頼と尊重が必要となります。不均衡があれば、負の感情が生まれたり、貢献が不公平になったりしやすくなります。これは決して良好なパートナーシップにつながりません。

似た社風

似た社風

働き方が大きく違う場合、連携は難しくなるかもしれません。例えば、パートナー候補が厳格な階層構造を持っているのに貴社はそうでない場合、コラボレーションの効果が低下する可能性があります。

適切なツール

適切なツール

円滑な連携には、コミュニケーションが何よりも重要です。複数企業で構成される会社間グループで仕事を進めるのは難しいものです。共通の目標に向かって協業する際は、適切なコラボレーションツールを導入していることが不可欠です。

距離を克服する手段

距離を克服する手段

地理や言語というものは、今やコラボレーションの障壁にはなりません。実際に、より遠方の市場に新規参入することが、他社とコラボレーションする理由の1つということもあるでしょう。

しかし、遠方の相手と効果的なコミュニケーションをとるためには、適切なツールを導入しておく必要があります。Workplaceのようなプラットフォームを利用すると、例えば、言語の壁を克服しやすくなったり、グローバルな会社間グループに参加しやすくなったりします。

適切なタイプのビジネスコラボレーションの確立

適切なタイプのビジネスコラボレーションの確立

適切なコラボレーション相手が見つかったとします。次は、その相手と協働する方法を最適化する必要があります。

ビジネスコラボレーションには多種多様なモデルがあります。1つの課題や製品のためのコラボレーションから、共同組織を新設するための正式なパートナーシップまで、さまざまです。

Hype Innovationは、主なコラボレーションのタイプを4つ挙げています。

  • アライアンス。2~3社が合意の元で、スキル、知識、製品、サービス、リソースを一時的にプールします。
  • ポートフォリオ。中央管理型のコラボレーションです。独立した数社の企業が、知識の共有とポートフォリオの形成に合意します。
  • イノベーションネットワーク。相互関係のある企業のグループが目標を共有し、製品、サービス、プロセスに関して連携します。
  • エコシステム。最も進んだコラボレーションタイプです。さまざまな組織のほか、最終顧客までも加わり、長期的な相互関係を形成します。

どのアプローチを採用する場合でも、効果的なコラボレーションの基礎になるのは共有する能力です。知識、リソース、スキル、経験を共有し、究極的には成功と失敗も共有します。

ビジネスコラボレーションの機会はすぐそこにあります。必要なのは、自社のビジネスに合った相手を見つけることだけです。

おすすめの記事:

関連情報

チームのコラボレーション: 最高のチームプレイヤーになる方法

詳しくはこちら
この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

関連情報

チームのコラボレーション: 最高のチームプレイヤーになる方法

詳しくはこちら

最近の投稿

チームのコラボレーション | 所要時間: 10分

チームのコラボレーションを築く方法

コラボレーションアプローチによって、社員はよりスマートに、よりクリエイティブに、またより効果的に働くことが可能になります。適切なチームコラボレーションを実現する方法をご紹介します。

コラボレーション | 所要時間: 3分

専門の異なる者同士でのコラボレーション

多角的な視点を持つことのメリットや職場でのチームワークの改善方法など、専門の異なる者同士でのコラボレーションを強化するための重要なアドバイスをご紹介します。

チームのコラボレーション | 所要時間: 8分

チーム間コラボレーションを効果的に機能させる方法

チーム間コラボレーションを促す方法を紹介します。チームを越えたコラボレーションを強化して活用するためのベストプラクティスと、避けるべき落とし穴を確認しましょう。