AIと未来の働き方

AIは未来の技術ではなく、すでに現実となっています。また今は、メタバースも登場しています。AI革命のペースはさらに加速しており、新しいチャンスも大きく広がっています。組織でAIを最大限に活用するにはどうすればよいのでしょうか?

未来の働き方 | 所要時間: 6分
人工知能とは?

人工知能とは?

一言で言えば、AIは人間のような機能を備えたマシンを作成する科学技術です。AIの実現は、科学における大きな飛躍といえます。なぜなら、マシンで計画、推論、コミュニケーション、学習ができるということは、私たちの生活が向上するだけでなく、コストの削減や、効率性と収益性の向上も実現できるということだからです。しかし、日常的な低レベルの仕事はAIに取って代わられることから、「AIはむしろ人間を不幸にするのではないか」という懸念の声がとりわけ労働市場においてよく聞かれます。

AIの活用分野は以下の通りいくつかあり、どの分野も現在の働き方と未来の働き方に大きな影響を及ぼします。

機械学習: このタイプのAIは、データのパターンの認識に基づいて「学習」を行います。機械学習は革新的です。なぜなら、これはプログラムされたことを単に行うだけではなく、与えられたデータを分析して、予測を行ったり、ルールを作成したり、推奨されるアクションの提案を行ったりできるためです。ディープラーニングの場合は、このプロセスのレベルがさらに一段階上がり、必要となる人間の入力がさらに減り、より大きなデータセットを使用できるようになります。これが可能になったのは、音声認識と画像認識、そして自然言語処理において近年進歩が見られたからです。しかし、機械学習の質はそれに供給されるデータの質に依存します。たとえば、供給されるデータにバイアスがある場合、AIが出力する結果にもバイアスがかかってしまいます。

ロボット: 組織はロボットを使用して、物理的なタスクをリモートで、またはアルゴリズムやセンサーによって自動化しています。おなじみのものとしては、生産ラインにある「ロボットアーム」です。しかし今日では、それだけではなく、手術の支援から下水道の検査まで、ロボットはさまざまな用途に使用されています。

自然言語処理: コンピューターは非常にスマートですが、人間の言語を理解し、生成し、応答するのは不得意です。自然言語処理 (NLP) は、機械学習を使用してこの問題の改善を行っています。NLPには、翻訳、音声認識、文字起こしに始まりレポートからの情報の抽出に至るまで、さまざまな応用例があります。

Infinite Officeへの道のり

メタバース内のどこにいても最高の仕事ができるようになる方法と理由をご紹介します。

AIと自動化の違いとは?

AIと自動化の違いとは?

AIと自動化は、しばしば同じ意味の単語として使用されます。この2つの用語の意味はまったく同じというわけではありませんが、日常的で反復的なタスクを引き継ぐことによって人間を助けるという同じ目的を持っています。しかし、自動化にはタスクを実行するためにマシンをプログラミングするという意味を含んでいる一方で、AIには、データのパターンを認識することでマシンが自動的に学習するという意味のみを含んでいます。

AIは、未来の働き方にどのような影響を及ぼすのか?

AIは、未来の働き方にどのような影響を及ぼすのか?

AIは日常生活や仕事にすでに深く組み込まれています。デジタルパーソナルアシスタントからスマートアプライアンス、オンラインショッピング、産業ロボットまで、すべてがAIによって実現しています。McKinseyの「State of AI」調査報告によると、回答者の56%が少なくとも1つの機能でAIを使用しています。この数字は、中国、中東、北アフリカなど新興国の場合は57%に上昇します。PwCの「Global CEO Survey」によると、この成長の継続は確実視されており、54%の企業が長期的な企業戦略として自動化とデジタル化を掲げています。

また、AIは以下の通りいくつかの分野でさらなる成長をもたらす可能性を秘めています。

  • メタバース

    バーチャルリアリティと拡張現実の技術により、ゲーム、エンターテインメント、仕事などのための空間がインターネット上に構築されつつあり、人はその空間に「入って」利用します。バーチャル空間を共有することで、物理的な世界をインターネットと融合し、コラボレーション、コミュニケーション、トレーニングのあり方を変革します。

  • 詐欺の防止

    多数のトランザクションを分析することにより、AIは不正の傾向を明らかにすることができます。分析した後は、疑わしいトランザクションを自動的にブロックしたり、さらなる調査を行うためにフラグを立てたりできます。サイバーセキュリティでAIを使用して、脅威を認識してブロックすることもできます。

  • チャットボットとデジタルアシスタント

    NLPの発展に伴い、チャットボットの機能も充実していきました。それにより、ユーザーからの質問に対して単に「はい」か「いいえ」で答えるのではなく、ユーザーとより自然に会話できるようになっています。その結果、カスタマーサービスが大幅に改善され、社員は最も複雑なカスタマークエリを管理できるようになりました。

  • 医療業界でのAI

    世界保健機関(WHO)は、2030年までに、世界で1,800万人の医療従事者が不足すると予測しています。医療従事者がAIを使用すると、日常業務の自動化、生産性の向上の他、最も重要なこととして、より多くの時間的余裕が生まれて患者とのやり取りに時間を割けるようになります。それにより、彼らの問題の一部を解決できる可能性があります。開業医の場合は、病院管理、医療診断、患者中心のアプリなど、すでに医療のさまざまな場面でAIを応用しています。

  • 説明可能なAI

    AIはそれ単体では動作しません。組織が意思決定にAIを使用しているということは、透明性、プライバシー、公平性、および責任の問題が発生するという意味を持ちます。そして、こうした状況こそ、説明可能なAI (XAI) が役立つ場面になります。説明可能なAIは、アルゴリズムの理論的根拠が人間に理解できるようにすることを目的としています。加えて、これは人工知能のエラーの検出を支援する上でも不可欠です。

  • AIを採用に活用する

    AIは、給与支払いなどの日常的なタスクを自動化するだけでなく、人材採用プロセスにも変革を起こしています。長く時間を要するプロフィールのフィルタリングプロセスもAIが引き継ぐことができます。履歴書のスクリーニング、候補者リストの作成、インタビューのスケジュール設定が可能です。これにより、特に採用の最初の段階をはるかに効率的に行えるようになるため、膨大な時間とコストの節約になります。AIでトレーニングを強化できることもあります。ある調査によると、リーダーの39%がAIシミュレーションを使用して従業員を雇用およびトレーニングすることを計画しています。また、求職者の立場でも、AIが求職者に適するポジションのマッチングを行えるため、時間の浪費を回避できます。

将来自動化されるのはどんな仕事?

将来自動化されるのはどんな仕事?

おそらくAIに関する最大の懸念は、それにより求人数が減り、その結果失業者が増えるということです。しかし実際には、自動化により、雇用は減るどころかより増加すると予想されています。2030年までに最大8億9千万人が雇用されると言われています。

さらに、多くの仕事の場合、AIがすべての機能を自動化するわけではありません。たとえば、給与支払いやドキュメントからの情報の抽出など、より日常的なタスクだけをAIが担うようになります。そして、AIのプロセスを監視し、問題が発生した場合に対処するため、やはり人間は必要です。したがって、AIは人間に取って代わるのではなく、人間と一緒に働き、より良い仕事をしたり、より創造的で満足のいく仕事に集中したりするための支援を行います。たとえば、AIは医学的な診断を下す際に役立つ可能性がありますが、それでも患者の治療を行うのは、あくまで医師や看護師です。

AIは、プログラマー、統計学者、データサイエンティスト、アナリストなどの技術スキルを持つ人々、および創造的で感情的なインテリジェンスを含むスキルを持つ人々の需要を増やします。つまり、AIが行えないスキルを持つ人々の需要です。

AIを職場で活用するメリット

AIを職場で活用するメリット

AIは、莫大な経済的利益を生み出す可能性があります。AIによってさらに多くの種類の製品が生み出されたり、より手頃な価格になることから、生産性の向上にとどまらず、消費者の需要が増大することによる経済的利益も生まれると予測されています。実際、PwCは、AIが2030年までに世界経済に15.7兆ドルを貢献する可能性があると推定しています。また、人工知能のメリットには、次のものもあります。

  • 生産性 - PwCによると、日常業務で人やリソースが滞ることがなくなり、生産性が急上昇する可能性があると推定されています。ビジネスリーダーの44%が、自動化によって生産性が向上すると予想しています。

  • 効率性 - 人間よりもAIの方が高速かつ効率的に実行できるルーチンタスクがあります。そしてもちろん、人間とは異なり、AI主導のサービスの場合、詐欺の監視、顧客の質問への回答、求人応募のスキャニングに24時間年中無休で対応できることから、時間とリソースの節約が可能です。

  • 複雑な問題の解決 - 機械学習の進歩により、AIはより複雑なタスクに取り組むことができるようになりました。たとえば、医療診断などに活用することで、リソースを解放して生産性を向上させることができます。

  • イノベーション - ブレーンストーミングセッションでのAI生成のアイデア、メタバースのバーチャル空間でのやり取り、およびサプライチェーンでのAIの活用により、消費者が何を望んでいるかを把握できます (そして、どんな製品が関連しているのかを判断します)。AIは、組織のイノベーションの成功を後押しします。

AIを組織で活用する

AIを組織で活用する

AIの採用に真摯に取り組むことで、組織に利益がもたらされます。 PwCの「AI Business Survey」によると、AIによってROIの大幅な増大を達成した企業は、ビジネスの変革、意思決定、プロセスの近代化という3つの分野で同時にAIを使用しています。

しかし、企業でAIが広く採用されるということは、人々の仕事のやり方が大きく変わることを意味します。では組織は、AIが組織に良い意味での変化を起こす原動力となることを、社員にどのように説明すれば良いのでしょうか?AIが人々の仕事の改善に役立ち、退屈な仕事を引き継ぎ、人々のスキルをより効果的に使える創造的な仕事に集中するチャンスを与えるということを伝えれば良いのでしょうか?

1つの方法は、AIは人間の労働者に取って代わるのではなく、補完するように設計されていると強調することです。この際、人々がAIと一緒に作業するために必要な技術スキルを持っているかどうかを確認することもとりわけ重要です。これには、必要に応じた社員のスキルアップとスキルのブラッシュアップが含まれます。このような確認を行うことで、AIが提供するすべてのチャンスを活用できるようになります。

関連情報

Infinite Officeへの道のり

これからの働き方を探ってみませんか

未来の働き方とメタバースの未来について最新のインサイトをお届けします。

このフォームを送信すると、ニュース、イベント、アップデート、プロモーションなど、マーケティング関連のメールをFacebookから受け取ることに同意したものとみなされます。ただし、いつでも同意を取り消してそのようなメールの購読を停止できます。また、このフォームを送信することで、Workplaceのプライバシー規約を読み、これに同意したことになります。

この記事は役に立ちましたか?
ご協力ありがとうございました。

最近の投稿

未来の働き方 | 所要時間: 11分

未来の働き方

メタバースでの働き方とは?ハイブリッドワークはこれからも続くか?この先何が起こるかを100%確実に知ることはできませんが、少なくとも未来に備えて体制を整えることはできます。

未来の働き方 | 所要時間: 12分

ハイブリッドワーク: 新しいワークスタイルへようこそ

スタッフにオフィスに戻ってもらいたいですか?それとも、在宅勤務を続けてもらいますか?併存させることはお考えですか?ハイブリッドワークは、組織が前進するための最善の方法になり得ます。

未来の働き方 | 所要時間: 6分

メタバースで働き方はどう変わるのか?

チーム内連携から企業文化に至るまで、メタバースやバーチャルリアリティは働き方やビジネスの未来に5つの変革をもたらします。この記事で1つずつ見ていきましょう。