社員間の交流を促進する

Workplaceでは対話形式でコミュニケーションできるため、すべての社員が質問をしたり意見を伝えたりできます。

すべての社員にアクセスを提供

対話に参加できない社員がいると、会社に多様な視点を取り入れることができません。Workplaceを使えば、すべての社員が情報に確実にアクセスできるため、誰もが自分の意見を聴いてもらえます。

自動キャプション

最大15種類の言語の字幕を動画に自動で追加したり、スクリプトを入手のうえ編集してシェアしたりできます。

自動翻訳

ボタンにタッチするだけで46種類の言語を相互に翻訳できるため、真にグローバルなコラボレーションが実現します。

代替テキスト

Workplaceでは、視覚に障がいを持つ方のために、物体認識技術を利用して写真の説明文を生成します。

どこからでもフィードバックを入手

人びとの考えを知るためのシンプルなツールを利用して傾聴の文化を築き、インサイトを活用してより優れたビジネスを目指しましょう。

リアクション

使い慣れたアイコンを利用して簡潔に発言し、人びとの反応をすばやく知ることができます。

コメント

テキスト、GIF、絵文字、リアクションなどを使って自分の考えを表現したり、コメントに気づいてもらいたい同僚をタグ付けしたりできます。

アンケート

デスクトップとモバイルの両方で使える簡単なアンケートを利用して、会社の意思決定に役立つ情報を収集しましょう。

自分のペースで仕事をする

対話は素晴らしいものですが、そのために気が散ってしまっては困ります。Workplaceでは、シンプルなツールで対話をコントロールして、ノイズを抑制できます。

コンテンツを報告

不快なコンテンツを見かけた場合は、ボタンをクリックするだけでWorkplace管理者に報告できます。

投稿を保存

保存機能を使えば、興味のある投稿のコレクションを作成して、後からチェックできます。

通知をミュート

急ぎの案件を抱えているときは、通知をオフにしましょう。1時間~1週間の範囲で、期間を設定できます。

社員間の交流のあり方を変革したEnnismore

「Workplaceは、一方的に情報を受け取るのではなく、社内の全員が情報を発信できる場を提供してくれます」

Marcos Eleftheriou氏

Ennismore、カルチャー&社内コミュニケーション責任者