全員と話す

会社は、情報と同じスピードで動きます。だからこそWorkplaceは、重要な情報が適切な相手に適切なタイミングと方法で伝わるようにしています。

適切な相手に適切なタイミングでリーチ

情報を必要としている人に、その情報をすばやく届けます。会社全体、部署、チームメートのみなど、相手の範囲は問いません。

グループ
「重要」に指定する
日時指定の投稿

グループ

会社のお知らせなら公式グループ、チームの最新情報なら非公開グループなど、情報の共有範囲を短時間で選択できます。

「重要」に指定する

重要な最新情報を各自のニュースフィードのトップに固定し、全員にお知らせメールを送ることができます。

日時指定の投稿

最新情報を下書きしてグローバルチームにシェアする最適な時間を選択できます。

利用者の注意を引く

メールではありのままの自分を表現できません。Workplaceでは、動画や豊富な投稿機能でコミュニケーションを活性化すると同時に、自動翻訳を通して全員に情報を伝えることができます。

ライブ動画
豊富な投稿機能
自動翻訳

ライブ動画

スマートフォン、ノートパソコン、スタジオからライブ配信を行い、四半期の業績などの重要なお知らせをシェアしましょう。

豊富な投稿機能

動画、GIF、画像、Office 365ドキュメントのプレビューを利用して、投稿の魅力と注目度を高めましょう。

自動翻訳

ワンタッチで46種類の言語に翻訳し、誰もが情報にアクセスできるようになります。

効果測定

社員コミュニケーションの閲覧回数、センチメント、エンゲージメントをシンプルなツールでトラッキングし、誰が自分のメッセージに耳を傾けているか、その人がどう感じているかを把握します。

活用ガイド
グループインサイト
リアクション

活用ガイド

投稿に対するセンチメントやリーチなどの重要な指標をもとに、自身のコミュニケーションがどう機能しているかを確認できます。

グループインサイト

特に活発なグループや主な寄稿者を明らかにする分析データを確認できます。

リアクション

リアクションの件数と範囲をチェックすれば、メンバーが投稿をどう感じているかをすばやく把握できます。

コミュニケーションを変革したWW

「Workplaceの導入以前は、会社全体に向けて一度にコミュニケーションを取ることができませんでした。Workplaceならこれが実現します」

Mindy Grossman氏

WW、CEO

全員と話すために役立つその他のリソース

社員のコミュニケーションの価値について、詳しくはWorkplaceブログをご覧ください。また、社内の全員と話すためにWorkplaceを活用する方法について、ガイドをダウンロードしてご覧ください。

つながり合ったコミュニケーションを実現する9つのステップ

社内コミュニケーションを社内のつながりに変える方法をご確認ください。

リモートワークのコミュニケーションに関するアドバイス

リモートで働くスタッフの関心を維持し十分な情報を提供するための、コミュニケーションに関する5つのアドバイスです。

「Total Economic Impact of Workplace」レポート

Workplaceを使ってコミュニケーションの効果を高める方法について、業界の専門家が明らかにします。