教育機関の職員のつながりを緊密なものに

Workplaceは、リモート勤務をしている人も含め、教育機関の職員をつなぐコミュニケーションツールです。グループ、ニュースフィード、ライブ動画などの使い慣れた機能で、コミュニケーションや共同作業を活発にして、組織内のつながりを強化する新たな方法を学びましょう。

エンゲージメントの新たなルールを見つけましょう

職種によって、必要なエンゲージメントの形は異なります。新しいリソースで、ハイブリッドなチームのパフォーマンスを高める方法をご確認ください。

教育業界などの500万人を超える有料ユーザーの一員に加わりましょう

Workplace from Facebookを使用するWhitehat Junior
Workplace from Facebookを使用するACU

誰とでも話す

Workplaceなら、本社から店頭まで、社内のあらゆる場所にいる人全員と簡単に話せます。

  • グループ機能を使って適切な相手と適切なタイミングで話す
  • ライブ動画で関心を引きつける
  • インサイトで効果を測定する

社員間の交流を促進する

社員はすばらしいアイデアを持っています。Workplaceでは誰もが発言できるため、そうしたアイデアを最大限に活用していくことができます。

  • コメントとリアクションを活用してリアルタイムのフィードバックを得る
  • 自動翻訳で誰もが会話に参加できるようにする
  • アンケートを使って意思決定の材料を得る

すべての社員をつなぐ

スタッフがデスクにいても接客中でも、Workplaceならシンプルかつ安全に全員をつなぎます。

  • G SuiteやAzureを利用して社員のアクセスを管理する
  • アクセスコードを使って、メールアドレスを持たない社員の利用を可能にする
  • シングルサインオンとアクセス制御で安全を最優先する

社員のつながりを強化した会社の秘訣をご紹介します

  • Neste logo

    「Workplaceを使うことで、以前はまったく交流のなかった社員ともつながり、そのアイデアやイノベーションを知ることができるようになりました」

    Nestle、グローバル社内コミュニケーション・エンゲージメント戦略責任者、Cristina Macina氏

  • Farmers Insurance logo

    「Workplaceを使うと、社員自身がメッセージを作り出し、会話を始めます。やり取りがはるかに活発になり、交流が深まります」

    Farmers Insurance、CHRO、Suzie Elliott氏

  • Astra Zeneca logo

    「Workplaceのおかげで、経営陣の姿がよく見えるようになり、コミュニケーションが非常に効果的になりました。」

    AstraZeneca、グローバル総務担当デジタルディレクター、Roeland van der Heiden氏